2018年05月27日

秋田 宇宙人バスターの解除 〜巡礼の旅(445)〜

「黄の闇の大元、嘘をつく宇宙人はバスター。影や黒タコの姿をしている。人間を操り、困惑するのを楽しんで遊ぶ。世界の政治家を操って楽しんでいる。目玉の宇宙人と対であるバスターが光に還る時、黄の闇が統合され、地球が光になる新しい段階を迎える。」

2017年4月から9月まで、シャインスピリットヒーリング電話セッションで、闇の宇宙人の解除を行って来ました。4月下旬、秋田県在住のクライアントの方から、動けない状態になっているので、家や土地にいる魑魅魍魎の闇を解除して欲しいという要望がきっかけで始まりました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 15:13| 秋田県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

兵庫 プレアデスのエネルギー体の統合 〜巡礼の旅(444)〜

「地球が闇から光に変わる時、闇と光の2つに分離されたプレアデスが統合する。地球で闇の役割をして来た、分離されたプレアデスのエネルギー体が光に還って行った。肉体を持つ仲間と一緒に還るのは難しいと伝えて来た。プレアデスの統合は大切な局面を迎えている。」

2017年9月13日(水)から3日間の輝く地球・光の講座(フォローアップ/レベル3:神戸)を終えました。光の講座では、毎回、参加者の方に源の光を降ろすシャインスピリットヒーリングを行うことで、闇の存在が光に還る統合の機会となる場合が多いです。今回も特別な機会となりました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 17:28| 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

鹿児島 与論島の解除 〜巡礼の旅(443)〜

「不眠症の原因は地上に留まった人の魂だった。与論島の光の人は、渡来人に襲撃されて抹殺された。全ては深い闇を経験して大きな光になるためだった。病気や体調不良という闇は、光に気づくための機会。分離した闇と光を一つに統合していくことが重要になる。」

8月中旬、クライアントのNさんのシャイスピリットヒーリング電話セッションを行いました。Nさんは、沖縄本島に近い鹿児島県の与論島に生まれ育ち、現在も与論島で暮らしている方でした。「最近、なかなか眠れない」と訴えて、不眠症の症状を改善したいというご要望でした。

続きを読む
posted by 地球の子 at 12:01| 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

米国 ハワイを闇にしたニビルの統合 〜巡礼の旅(442)〜

「黄の闇はニビルが関係していた。タコの着ぐるみで人間を操って金儲けをさせて来たニビル。大陸が沈んだレムリアで情報操作で人々をコントロールしたニビル。ハワイに観光産業の闇を広げたニビル。満月の日、ニビルの人たちは、黄色の猫じゃらしの姿で月に還った。」

黄の闇の解除のワークの中で、黄の闇には「ハワイ」の他に「ニビル」が深く関係していることが分かって来ました。ニビルは闇の星であり、過去に、ニビル人とも対峙していました。ニビル人は、タコの着ぐるみ姿で、人間を操って金儲けをさせて闇を広げていることが分かっていました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 13:01| 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

米国 プロビデンスの目のエネルギー体の解除 〜巡礼の旅(441)〜

「黄の闇のエネルギーを放つのは月だった。月はお金をコントロールする。黄の闇の世界の中心はハワイ。日本の中心は軽井沢。浅間山には、頂上に目玉のあるピラミッドがあった。お金で人間を支配していたプロビデンスの目の原型となる目玉の宇宙人は光に還って行った。」

2017年7月中旬、夜になって伴侶が目の奥の痛みと頭痛を訴えて来ました。私は何らかの闇の影響だと感じて、伴侶に光を降ろしました。「ハワイの闇」と伴侶が伝えて来ました。「ハワイの闇」は、「嘘の闇」である「黄の闇」であり、「お金」というものが最大の「黄の闇」だと直感したのです。

続きを読む
posted by 地球の子 at 00:03| 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

神奈川 アークの円盤の解除 〜巡礼の旅(440)〜

「横浜、札幌、神戸の3都市の地下道は暗い。アークの円盤が居るために闇になっていると感じた。みなとみらい、各々に光を降ろすとアークの円盤が撤退して行った。地下道が闇なのは、本来は要らないから。地球や自然と共生する光の時代が始まっている。」

東京など主要都市の地下には、地下鉄や地下道が整備されています。雨降りの日、暑い日、寒い日は、地下道を使った方が便利ですが、重たい闇のエネルギーは下に溜まります。横浜市、札幌市、神戸市の3都市で、私たちは地下道に滞留する闇のエネルギーを体感したのです。

続きを読む
posted by 地球の子 at 22:26| 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

奈良 飛鳥寺での精霊の解放 〜巡礼の旅(439)〜

「飛鳥大仏に光を降ろすと、羽のある男の人の姿の精霊が解放された。この精霊を模して、大天使、不動明王、天狗が意図して創られた。畝傍山から天女の姿の精霊が解き放たれた。若草山、三輪山、畝傍山を含む奈良の地は、精霊の故郷であり、大きな光の拠点だった。」

飛鳥寺の本尊・飛鳥大仏に、鳥の精霊の長が封印されていると感じていました。「飛鳥」「斑鳩」から「鳥」が連想されます。飛鳥寺の正式名の「鳥形山 安居院」、飛鳥大仏の作者の「鞍作鳥」にも「鳥」がつきます。「鳥が封印されている」というヒントが置かれていると感じていました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 23:26| 奈良県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする