2022年10月03日

イタリア ローマに本部を持つ国連世界食糧計画と地下の人間牧場を目論むトカゲ・レプティリアン 〜巡礼の旅(690)〜

「国連機関でイタリア・ローマに本部を置く国連世界食糧計画と国際連合食糧農業機関。キリスト教カトリックの総本山バチカンが絡む。松果体摂取は、地下施設での食人の闇に繋がる。背後に人間牧場の構築を目論むトカゲ人間のトカゲレプティリアンが存在する。」

2020年に国連世界食糧計画(WFP)がノーベル平和賞を受賞したことは知っていました。しかし、ノーベル賞自体が巨額の賞金が与えられ、人を分け隔てる分離の闇の仕組の1つだと感じていました。ワークを行うために国連世界食糧計画(WFP)についてネットで調べていきました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 11:57| イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月27日

ブラジル 古代アマゾンに存在した自然と調和した高度社会のシリウス文明 〜巡礼の旅(689)〜

「アマゾン川流域で発見された巨大古代遺跡から自然と調和した高度な文明社会が存在したことが窺える。それは光の地球をつくったシリウスによる自然のエネルギーを利用した先進文明だった。地球を暗闇にするためにシリウスの光をアークの赤の闇で封印した。」

太陽のピラミッドと月のピラミッドは、太陽と月を称していることから、昼と夜、光と闇、生と死を意味していると感じます。伴侶の協力を得て、テオティワカンの太陽のピラミッドと月のピラミッドのワークを行うことにしました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 17:34| ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月21日

メキシコ 巨大宗教都市遺跡のテオティワカンの太陽と月のピラミッドと生贄による支配 〜巡礼の旅(688)〜

「メキシコのテオティワカンは、人々の宇宙観、宗教観を表した宗教都市。太陽のピラミッドと月のピラミッドの2つのピラミッドがあり、生贄という松果体収穫が行われていた遺骨も発見されている。神に捧げる生贄という権力による支配の社会が生まれた証となる。」

大籠キリシタン殉教公園のワークからメキシコが気になっていました。1613年、仙台藩主・伊達政宗が支倉常長らの慶長遣欧使節をスペイン国王とローマ教皇に派遣した目的は、キリスト教布教容認と引換にスペインの植民地・ノビスパニア(メキシコ)との直接貿易の実施だったといいます。

続きを読む
posted by 地球の子 at 13:26| メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月15日

岩手 ヤマト王権下の蝦夷が担ったキリスト教とたたら製鉄が結合した松果体収穫 〜巡礼の旅(687)〜

「岩手県一関市は松果体収穫の闇で光の封印された場所。大籠キリシタン殉教公園の地はキリスト教とたたら製鉄が結びついて松果体収穫が行われていた。たたら製鉄は松取りの遺体を火で証拠隠滅する。中尊寺金色堂のミイラも松果体収穫のカモフラージュと言える。」

「一関のキーワードが来ているからワークをする必要があるかもしれない」と伴侶が伝えて来ました。「一関」は、岩手県の最南端に位置する市である一関市(いちのせきし)のことです。一関市は、過去のヒプノセラピーで「一関の謎の地」と伝えられていました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 12:36| 岩手県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月09日

米国 J.プレスの夢が教えた米国の軍産複合体とイェール大学 〜巡礼の旅(686)〜

「J.プレスの夢からニューヘイブン、イェール大学に繋がった。明治期に多くの日本人留学生がニューヘイブンに滞在して支配層の米国派工作員となった。イェール大学は、米国・軍産複合体の中心であり、裏インドの闇の軍産複合体の構築に過去世で深く関係していた。」

朝起きると、どこかの店で買い物をしている夢を見ていたのを覚えていました。日本ではない外国で、男女の洋服の店だと感じました。思い返していくと「J.プレス(J. Press)」だと感じました。J.プレスは、若い頃に好きだった米国の紳士服ブランドです。

続きを読む
posted by 地球の子 at 15:44| 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月03日

インド インパール作戦の背後に隠された命を金に換える工作の闇 〜巡礼の旅(685)〜

「多大な犠牲者を出したインパール作戦の裏には支配層による人命を犠牲にした金儲けの企みがあった。戦争は暗黒集団による松取り工作。コロナパンデミック下の現在も一般大衆の人命を金に換えることが行われている。隠された闇の真実を追究して表に出す必要がある。」

その日のスカイプセッションでクライアントの方から「今は目に見えない戦時中」という言葉を伝えられました。その時は、今の時期が、目に見えない新型コロナウイルスによって、戦時中のような大きな変化が起きていることだと感じていましたが、もっと深い闇があると後から分かりました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 20:22| インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月28日

インドネシア 戦後補償ビジネスの工作活動から誕生したデヴィ夫人 〜巡礼の旅(684)〜

「インドネシアの戦後賠償ビジネスの工作活動から誕生したのがスカルノ大統領の第三夫人となったデヴィ夫人。日本とインドネシアの支配層がグルになって日本国民の巨額税金を懐に入れる闇の仕組がつくられた。戦後賠償ビジネスは、ODA利権として引継がれている。」

本の紹介1冊目〜続きB〜:神鷲(ガルーダ)商人 戦後賠償の構図》には、戦後賠償の仕組とデヴィ婦人の誕生秘話が描かれています。1950年8月、インドネシアが正式に独立を果たして、初代大統領が建国の父と言われるスカルノ大統領です。

続きを読む
posted by 地球の子 at 20:59| インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする