2020年02月14日

福井 米国派を操る同和の闇の支配 〜巡礼の旅(522)〜

「関電問題は、原発マネー還流による金銭授受の不正でだけはなく、隠された支配の闇を示唆している。関係各所に送られた告発文は裏の世界との決別を訴えていた。原発推進の米国派の支配ではなく、原発を利用する同和の闇が浮き彫りにされた。」

世の中の事故、事件などのニュースは、社会の闇の仕組を知る上でのヒントになることがあります。従来まで、世界は2大勢力の対立、抗争によって暗闇になって来たと思っていました。しかし、報道された1つの出来事が暗闇の仕組の本質を浮かび上がらせたのです。

続きを読む
posted by 地球の子 at 11:30| 福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

福島 日本の湖沼に光が戻る 〜巡礼の旅(521)〜

「赤城山、男体山、磐梯山を解除して大沼、中禅寺湖、猪苗代湖に光を降ろすと、精霊が解放されて、光が放たれた。シリウスの闇の術で精霊が封じられていた。日本列島の中央ラインの湖沼に光を降ろすことで、日本の背骨に光が通ったと感じた。」

2019年10月上旬、喉の不調が続いていました。声が枯れて、喉が詰まるの症状です。これまでのワークの経験から、体の痛みや違和感などの不調は、日本列島の解除すべき場所を示していることが分かっていました。喉は、日本列島の日光か会津だと感じました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 15:55| 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

鹿児島 一緒に闇の仕事をして来たシリウスとアンドロメダ 〜巡礼の旅(520)〜

「シリウスの術を使えば簡単。それが普通だから。人間を操るのも簡単だから。何かの欲が強いヤツ程、よく働く。闇が大きくなる。金をばら撒いていた。欲だとかエゴだから。裏の世界を創っていた。ちょちょいのちょいだから。楽しいと思ってやっていた。」

クライアントの紗江子さんは、シリウスの記事のブログが携帯に表示されなくなって気づきました。シリウスから分離された闇の人が術で邪魔していました。簡易ヒプノセラピーで、シリウスとアンドロメダが組んで、エゴの闇を広げていたと分かったのです。

続きを読む
posted by 地球の子 at 11:13| 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

兵庫 暗闇にする役割の陰陽師 〜巡礼の旅(519)〜

「晴明神社の解除から安倍晴明はシリウスの闇で、カタカムナを守っていたと分かった。安倍晴明塚に光を降ろすと、安倍晴明と芦屋道満の2人がいたから封印でき、2人で1人と伝えられた。五芒星と六芒星の2つがあるから精霊の光を封じられたと感じる。」

摩耶山に光を降ろした後、気になっていた「奥池」に光を降ろすことにしました。カタカムナについてネットで調べると、カタカムナ神社の祠が「奥池」の場所にあったといいます。「奥池」は、兵庫県芦屋市にある池で、江戸時代に掘られた人工池です。

続きを読む
posted by 地球の子 at 11:18| 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

兵庫 声と文字で封じる術の修行場・六甲山 〜巡礼の旅(518)〜

「六甲比命神社の磐座の解除から六甲山がカタカムナの修行場であり、声と文字で封じる術の練習場と分かった。カタカムナはカタカナの原型であり、法道仙人、吉備真備、芦屋道満が繋がっていた。摩耶山に光を降ろすと六甲山が開いたと感じた。」

9月20日、六甲山系で気になる場所のワークを行いました。「六甲比命大善神」と呼ばれる六甲比命神社の巨大な磐座です。六甲比命神社は、兵庫県神戸市灘区六甲山町にある、荘厳な磐座をご神体とする神社です。祭神名は「むかつひめ」と呼ばれていました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 20:53| 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

2020年は現実世界が変わる節目の年

「2020年は、現実世界が変わる節目の年だと感じます。闇のエネルギーが統合され、現実世界が変わって行きます。嘘という真実を隠す闇がなくなり、多くの人々が真実に目覚め行きます。令和の新年が光の一年となりますよう願っています。」

明けましておめでとうございます。昨年は、ブログ「光輝く地球はそこに」を読んでくださり、ありがとうございました。闇の解除・統合ワークも7年目に入り、エネルギーの世界の変化から現実世界の変化が移行して来ていると感じます。皆さまにとって、令和の初めての新年が良き年となるよう願っております。

続きを読む
posted by 地球の子 at 13:19| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

鹿児島 カタカムナの術で封印したシリウスの闇 〜巡礼の旅(517)〜

「闇を燃やし尽くす働きをする鳳凰と亀のエネルギー体が神戸の地から解放されていた。カタカムナというシリウスの術を用いて六甲山を封じていた。神の戸が開くと光が出ると分かった。六甲山という光の拠点を封じるためのシリウスの闇の拠点だった。」

9月15日、左の股関節部分の痛みから、鹿児島県の辺りの水の場所を解除する必要があると感じました。鹿児島県の地図を観ると「霧島市」周辺だと思いました。ネットで水の場所を調べて行くと「大出水(おおでみず)の湧水」「丸池湧水」に行き着きました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 21:33| 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする