2021年03月04日

鹿児島 坂本龍馬の虚像を仕立てた裏利権を握る同和の闇の薩摩 〜巡礼の旅(601)〜

「写真を駆使して薩摩の悪事を隠蔽する情報操作を行った工作員の上野彦馬。後世で坂本龍馬の虚像を仕立ててヒーローとして広めた小説家・司馬遼太郎。真実を隠す工作員たちが働き日本の暗闇が作られて来た。その中心にいた人物が薩摩藩士の大久保利通だった。」

その日は、少し歩くと左の股関節の部分に痛みがあるのが分かりました。場所的には鹿児島県の位置で、闇の解除のサインだと感じました。ネットで光を降ろす場所を探していきました。自分の感覚で、幾つかの候補地を選んでいきました。


続きを読む
posted by 地球の子 at 14:10| 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月26日

東京 大日本帝国陸軍731部隊の闇を引継ぐ医療複合体 〜巡礼の旅(600)〜

「金儲けという利権を最優先にする医療複合体は、731部隊の闇を引継いでいる。731部隊は、生物兵器開発と人体実験によるデータ収集を目的にして来た。感染症の拡大というパンデミックの背後には、大きな隠されたエゴの闇が潜んでいる。」

2020年2月26日、新型コロナウイルスのPCR検査に代わって、迅速な検査機器が開発されるという《キョーリンとキヤノン株が逆行高、迅速ウイルス検査機器の需要見込む》(Bloomberg) 報道がありました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 14:26| 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

東京 真実を隠して利益を得る新型コロナ感染拡大の背後にある利権の構図 〜巡礼の旅(599)〜

「新型コロナウイルスの感染対策を振返るとパンデミックを利用して利権の行使を目論む集団がいると見える。表で感染抑制のために努力する姿を見せて裏で金儲けを第一優先にしている。国民の命を犠牲にした医療をベースにした利権の闇の仕組がある。」

2020年3月19日、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の会見が行われました。19ページにわたる専門家会議の資料によって、日本の現状と今後の対策のあり方が示されました。《一斉休校、ロックダウンはどうなる? 専門家会議が語る「新型ウイルス対策」日本の現状》(BISINESS INSIDER)は、資料の概要を説明している記事です。


続きを読む
posted by 地球の子 at 18:05| 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

新潟 越後屋から繋がる三井家の十字を封じる四つ目結紋の解除 〜巡礼の旅(598)〜

「越後屋は三井グループの始祖となる企業。三井家の家紋は、四つ目結紋であり、純粋な闇を封じるエゴの闇の役割。越後屋は今の日銀のある場所にあり、金の闇と分かった。三井家が守護神として崇めていた三囲神社が金の闇の解除・統合のカギだった。」

その日の午前中、台所に立っていた時に「越後屋」と浮かびました。どういう意味なのかと不思議に感じました。「越後」とは、現在の新潟県であるのは知っていました。時代劇とかに出て来る「日本橋にあったのが越後屋だったな」と思いました。


続きを読む
posted by 地球の子 at 21:18| 新潟県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月06日

長野 同和の闇を感じる果物の杏から繋がったドラッグストアの解除 〜巡礼の旅(597)〜

「中国が起源でオレンジ色の果物の杏は、同和の闇を広げる役目の果実。日本一の杏の里の千曲市の埴科古墳群に光を降ろすと蝦夷を殺して祭り上げたと分かった。浜松の杏がつくドラッグストアの背後には、シリウスの闇がいて光に還って行った。」

昨年3月に、新型コロナウイルスのPCR検査に代わって、迅速な検査機器が開発されるというニュース記事を見つけました。《キョーリンとキヤノン株が逆行高、迅速ウイルス検査機器の需要見込む》(2020年2月26日 10:04 JST Bloomberg)。


続きを読む
posted by 地球の子 at 17:15| 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月30日

北海道 精霊が解放された日本列周囲の離島原始林の解除 〜巡礼の旅(596)〜

「礼文島、利尻島、隠岐島、五島列島、小笠原諸島、青ヶ島、直島、慶良間諸島、与那国島、対馬、壱岐島、西表島に順に光を降ろしていくと精霊の輪っかが外れて自由になった。人間のエゴの闇で覆われていた精霊の光が解放された。」

礼文島と利尻島は、稚内市の西方の日本海に浮かぶ島です。2015年9月に利尻山を解除した際に銀龍が解放されています。礼文島と利尻島に続けて光を降ろすと「光になった。精霊の輪っかが取れた」と伴侶が伝えて来ました。精霊という光の粒子の表面を覆っていたエゴの闇が取れて、本来の光の姿になったのです。


続きを読む
ラベル:利尻島 離島 精霊
posted by 地球の子 at 20:34| 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月23日

福井 帝国大学演習林から始まった自然の森の光を封じる暗の仕組 〜巡礼の旅(595)〜

「帝国大学の演習林から1951年に全国の国公私立27大学が加盟する全国大学演習林協議会が設立された。林学の研究や教育の目的の名目だが、帝国陸軍との繋がりもあり、実質的には、自然の森の光を封じるための闇の仕組と感じる。」

「演習林」については、はじめ帝国大学の林学の研究や教育の目的で設置されました。研究・教育のためには、樹木の伐採や人が森に入るための道や家屋などを建設して行きます。手つかずの自然豊かな森が、人間の手で開発されて行くことになります。


続きを読む
posted by 地球の子 at 14:07| 福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする