2024年03月05日

「3/25輝く地球・光の講座(レベル3:スカイプ)」開催のご案内

自分が目覚めて輝き、光輝く地球をサポートするための「輝く地球・光の講座」のご案内と「輝く地球・光の講座(レベル3:スカイプ)」の受講者募集のお知らせ 

2024年3月25日(月)を含めた2日間、「輝く地球・光の講座(レベル3:スカイプ)」を開催いたします。スカイプを利用しての、オンラインの輝く地球・光の講座となります。地球が闇から光へ変わる時が、自分が決めて来た役割を思い出し、実践に移す時でもあります。傍観者を卒業して、まず自分が変わることから始まります。
続きを読む
posted by 地球の子 at 15:53| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月26日

静岡 日本の暗闇の基盤となる八咫烏の松の仕組と徳川家の金庫番となる静岡銀行 〜巡礼の旅(744)〜

「江戸時代の徳川幕府はロシアなど欧州ロスチャイルドと繋がった裏の支配の八咫烏鶴派の勢力を形成していた。日露和親条約を締結をしたロシア帝国使節のプチャーチンは代表的な工作員。隠居後の徳川家康が居を構えた駿府城がある静岡が裏の支配の拠点。現在の静岡銀行が徳川利権の金庫番の役割を担っていた。」

造船・海運業の雄・緒明圭造が巨万の富を得た背景には、日本の造船技術の進歩がありました。その大きなきっかけになったのが、1854年(安政元年)、ロシア帝国の使節であるエフィム・プチャーチンが乗艦するディアナ号が安政東海地震の津波により座礁沈没したことです。日本人による西洋式軍艦の造船に成功しました。
続きを読む
posted by 地球の子 at 18:38| 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月15日

「3/12輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)」開催のご案内

自分が目覚めて輝き、地球が輝くためのサポートする「輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)」の受講者募集のお知らせ

2024年3月12日(火)10時〜「輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)」を開催します。現実世界をより良くするために、まずは自分のエネルギーを変えることが重要です。自分と家系の中の闇を光に統合することです。祈りを通じて闇を光に統合してエネルギーを変えていきます。祈りにより光を降ろすことが、自分と自分の周りの現実世界を変えることに繋がります。
続きを読む
ラベル:祈り 覚醒 統合
posted by 地球の子 at 20:25| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月10日

静岡 川端康成ゆかりの旅館・湯本館と繋がる緒明圭造の生家のある天城湯ヶ島 〜巡礼の旅(743)〜

「造船・海運業で巨額な富を得ていた緒明圭造の出自は天城湯ヶ島の足立家。天城湯ヶ島にはノーベル文学賞作家の川端康成の所縁の旅館・湯本館がある。緒明圭造の生家の足立家と川端康成は支配層の松工作で繋がっていたと推測する。天城湯ヶ島に支配層・八咫烏の工作拠点があったと感じる。」

朝鮮李王朝第26代皇帝高宗の次男・李垠が別邸として利用していた三島市の楽寿園にある楽寿館(旧小松宮邸)を当時30万円(現・約1.3億円)で購入したのが造船・海運の雄の緒明圭三でした。巨額な富を得ていた緒明圭造を輩出した緒明家は、初代・緒明嘉吉、二代目・緒明菊三郎(緒明嘉吉の子)、三代目・緒明圭造(緒明菊三郎の娘婿)の流れできています。
続きを読む
posted by 地球の子 at 17:47| 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月09日

「2/28輝く地球・光の講座(フォローアップ:スカイプ)」開催のご案内

自分が目覚めて輝き、光輝く地球をサポートするための「輝く地球・光の講座(フォローアップ:スカイプ)」の受講者募集のお知らせ 

2024年2月28日(水)13時から「輝く地球・光の講座(フォローアップ:スカイプ)」を開催いたします。輝く地球・光の講座を終了された参加者の方に、簡易ヒプノセラピーと光のヒーリングを組合わせたヒプノヒーリングセッションをお一人ずつ行っていきます。今回の講義は、「ビッグモーターやダイハツの不正から見える車社会の闇の仕組の崩壊」と「JAL516便炎上事故から表面化する隠されたエネルギーの叡智」についてです。
続きを読む
posted by 地球の子 at 20:59| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月27日

静岡 三島市立公園・楽寿園の旧小松宮邸を買取った造船・海運の雄の緒明圭造 〜巡礼の旅(742)〜

「現在の楽寿館である旧小松宮邸の家主が小松宮彰仁親王から李氏朝鮮・李王家の最後の王となる李垠に移った。李垠の欧州歴訪の資金を得るために旧小松宮邸が売出され、造船・海運の雄の緒明圭造が当時の30万円(現・約1.3億円)で買取った。緒明圭造は、先代から続く海運業の家系であり、松の海路運搬を担う八咫烏工作員だった。」

三島市の楽寿園の中の楽寿館は、その前身となるが小松宮彰仁親王が別邸としていた旧小松宮別邸です。楽寿館の家主は、小松宮彰仁親王が1903年2月に死去してから、李王家の最後の王となる李垠(りぎん)に移りました。楽寿館の歴史については《杯が乾くまで》の記事『朝鮮王朝と三島の「誠信」』に詳細が記されています。
続きを読む
posted by 地球の子 at 17:47| 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月26日

「2/6輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)」開催のご案内

自分が目覚めて輝き、地球が輝くためのサポートする「輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)」の受講者募集のお知らせ

2024年2月6日(火)10時〜「輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)」を開催します。現実世界をより良くするために、まずは自分のエネルギーを変えることが重要です。自分と家系の中の闇を光に統合することです。祈りを通じて闇を光に統合してエネルギーを変えていきます。祈りにより光を降ろすことが、自分と自分の周りの現実世界を変えることに繋がります。
続きを読む
posted by 地球の子 at 14:31| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする