2017年01月23日

伊豆 万城の滝 〜巡礼の旅(352)〜

「赤牛伝説の残る万城の滝に、感謝しながら光を降ろすと、赤い目の牛のエネルギー体が光に還って行った。石垣島の川平湾に居た闇のエネルギー体と同じだった。過去世の自分が天城山を封印するために万城の滝に置いたものだった。自分の中の闇を統合することで天城の地が開かれることになった。」

2016年7月22日(金)、伊豆巡礼の旅の2日目、天城山にあるホテルの外は大雨の天気になっていました。午前9時前、「前日の夜、天城山に光を降ろすように伝えられた」と伴侶が言いました。天城山は、最高峰1406mの伊豆半島中央部の東西に広がる連山の総称で、天城連山や天城山脈と呼ばれることもあります。

続きを読む
posted by 地球の子 at 13:58| 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

伊豆 修禅寺奥之院 〜巡礼の旅(351)〜

「修禅寺奥之院で光を降ろして、石仏や不動明王像のエネルギー体を光に還した。弘法大師が修行したとされる阿吽の滝から全体に光を降ろすと、金剛力士像の姿の裸の土地神が解放され、ポータルが開いた。奥之院の上にある桂大師の大木を解除すると、天城山にはエネルギーを放つ大木があると分かった。」

伊豆巡礼の旅の1日目、大瀬神社の解除を終えて、車で修禅寺(しゅぜんじ)に移動しました。修禅寺は静岡県伊豆市修善寺にある曹洞宗の寺院で、山号は福地山といい、正式名称は「福地山修禅萬安禅寺(ふくちざんしゅぜんばんなんぜんじ)」です。略して「福地山修禅寺」と呼ばれています。

続きを読む
posted by 地球の子 at 11:30| 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

伊豆 大瀬神社 〜巡礼の旅(350)〜

「大瀬(おせ)神社の神池の周囲にあるビャクシンの御神木に光を降ろすと、対の場所を解除することで光の女神が自由になると分かった。解放されたプレアデスの七人の女神が北斗七星ならば、この光の女神は北極星という。北極星の女神は、北斗七星の七人の女神を統括する役割だと感じた。」

2016年7月21日(木)、2日間の伊豆巡礼の旅に出ました。一番の目的は日本のカイラス山である天城山を開くことでした。午前6時前、逗子駅行のバスに乗り、JR逗子駅から電車でJR三島駅まで移動しました。途中、大雨の影響で小田原−熱海間の列車が運休となり、予定より1時間半遅れの午前9時半にJR三島駅に到着しました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 19:40| 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

大阪 三島神社 〜巡礼の旅(349)〜

「日本の要である大阪の地を開くために、巨大古墳を中心に12の古墳と11の神社を解除するために、遠隔で光を降ろして行った。門真市にある三島神社の大クスノキ、薫蓋樟(くんがいしょう)に光を降ろすと、緑色の龍神が解放されて、全く違った景色に驚いている様子だった。」

2016年7月19日(火)、今まで気になっていた大阪の地の解除を遠隔で行うことにしました。ヒプノセラピーの中でも大阪は渡来人などの拠点となって土地を強固に封印されて来たことが分かっていました。日本の首都は東京ですが、歴史的観点から見ると日本を開くためには大阪の地を開く必要があります。

続きを読む
posted by 地球の子 at 15:00| 大阪府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

日本から世界に光が広がる2017年

「新しい光の世の中は日本から始まります。日本から世界に光が広がります。日本が光になって輝くことが必要です。そのためには、日本の人たちが本来の姿になって輝くことが大事です。2017年が多くの日本の人たちが深い眠りから覚めて、自由になり喜びを味わう光の年になることを願っています。」

明けましておめでとうございます。2017年は天気の良い穏やかな日和で始まっていますが、いかがお過ごしでしょうか。私は冬景色の富士山と南アルプスの山々が見える伊豆の実家で、のんびりと三が日を過ごしました。2017年が皆さまにとって、喜びに満ちた光の1年となりますようお祈りしています。

続きを読む
posted by 地球の子 at 18:22| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

石垣島 オヤケアカハチの足跡 〜巡礼の旅(348)〜

「大浜海岸の闇の岩に光を降ろして、オヤケアカハチ像の闇のエネルギー体と対峙した。傲慢なエゴの闇のエネルギー体は、虹の龍神のサポートで解除された。オヤケアカハチは、縄文の人たちの殺戮という真実を上塗りして、隠蔽するために創られた架空の人物だと感じた。」

オヤケアカハチ像のエネルギー体と対峙する前に、海辺の闇の岩の所に移動することにしました。石垣島を訪問する前に、ネットで調べると茶色の甌穴岩のような岩の画像に見つけました。オヤケアカハチ像から近くの大浜海岸にある、「オヤケアカハチの足跡の岩」と呼ばれている岩でした。

続きを読む
posted by 地球の子 at 10:36| 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

石垣島 フルスト原遺跡 〜巡礼の旅(347)〜

「フルスト原遺跡に光を降ろすと、縄文人の長が、真実を書いて広めて欲しいと伝えて来た。縄文の人たちは、その存在すら抹殺されて隠蔽され、歴史の中から、なきものにされた。沖縄の石垣島でも、日本の本土と同様に、光の縄文時代があったと確信した。」

石垣島の旅の2日目は、午前8時半に宿泊先のホテルを車で出発して、フルスト原(ふるすとばる)遺跡に向かいました。フルスト原遺跡は、沖縄県石垣市大浜の丘陵にある城(グスク)状の遺跡です。フルスト原遺跡は、オヤケアカハチの居城跡であると言い伝えられてきました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 10:44| 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする