2017年05月27日

東京 イルミナティ(2) 〜巡礼の旅(377)〜

「日本を動かす大きな影響力のある組織や企業に光を降ろして行った。そこには、イルミナティの重役的存在がいて、全て状況を分かっていた。イルミナティの中心地に光を降ろすと、ボスの周りに黒い雲のように集まった。光を降ろして見送ると地球に軸が通った。」

2015年1月から本格的に日本全体に影響力を及ぼす公的組織や企業に対して、闇を解除するために光を降ろして行きました。イルミナティの闇の宇宙存在は、様々な姿をしていました。イルミナティのボスが言うように「寄せ集めの集団」の見えましたが、話が分かる相手でした。

続きを読む
posted by 地球の子 at 22:40| 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

米国 イルミナティ(1) 〜巡礼の旅(376)〜

「インディアン虐殺の地に光を降ろした真夜中、突然、両肩が重くなった。光を降ろすと黒い襟巻状の闇のエネルギーが乗っていた。お前たち派手にやってくれたなとイルミナティのボスが伝えて来た。地球から撤退するために、最後の砦に光を降ろすように示唆していると感じた。」

2015年2月中旬、インディアンの長たちの要望で、亡くなったインディアンの人たちの魂をあげるために、虐殺が起きた米国の数ヶ所の場所に光を降ろすことを終えて、ほっとしていました。その日の真夜中、予期せぬ出来事が起きました。突然、私の両肩が非常に重くなったのです。

続きを読む
posted by 地球の子 at 21:59| 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

米国 インディアン 〜巡礼の旅(375)〜

「インディアンの長たちが魂をあげるよう要望して来た。アメリカでの白人によるインディアン虐殺の出来事を一つ一つ拾って行った。光を降ろすことで、悲しみと苦しみを伴って命を終えた人たちの魂が昇った。馬に乗った白い光を放つ若者が、ありがとうと伝えて来た。」

2015年2月21日(木)、その晩、私は暖かくなった部屋でデスクワークをしていました。突然、足元に異常な冷気を感じました。足が冷たくなるのは地上に留まっている魂が来ているというサイン。自分に光を降ろすと、「インディアンの長たちが集団で来ている」と伴侶が教えてくれたのです。

続きを読む
posted by 地球の子 at 23:14| 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

北海道 人間のエゴの闇のエネルギー体 〜巡礼の旅(374)〜

「迷惑行為をする闇の人に光を降ろすとダースベイダーのような黒い姿の宇宙存在が現れた。人間の中に制御不能なエゴの闇という魔物が出来ることを伝えて撤収して行った。闇の人のハイヤーセルフの助言を受けて、光を降ろすと怪獣のような物が吸い上げられて行った。」

2014年8月上旬、伴侶に迷惑メールが送られて来ました。嫌がらせを目的とした悪意のあるものでした。1度や2度ではなく、不自然なくらい執拗なものでした。私たちは、日頃、目にする身近な物から、迷惑メールの送り主が誰なのかは、感覚的に推測することが出来ました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 14:23| 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする