2016年11月28日

北海道 東雲湖 〜巡礼の旅(339)〜

「小樽、然別湖、大雪山の3つのヒントからポータルを開いて行った。小樽のポータルは、シリバ岬だった。然別湖は、東側にある小さな湖の東雲湖のポータルが開いた。大雪山は、旭岳がポータルだった。自然や光のポイントであるが故に、光を封印するためにポータルが作られたと感じた。」

天神山を訪れた2日後の6月8日(水)、北海道のチャシ跡を解除することにしました。チャシはアイヌ語で「柵囲い」を意味し、砦、祭祀場、見張り場など多目的用途で使われていたとされます。まず、北海道内のチャシ跡は500ヶ所あり、24ヶ所が集中している根室半島のチャシ跡を解除することにしました。

 shinonomeko.jpg

国の史跡に指定されている根室半島チャシ跡群の中で、根室市温根沼(おんねとう)にあるチャルコロモイチャシから開始しました。航空写真地図を見て光を降ろしました。「入ったと思います。温根沼が気になる」と伴侶が伝えて来ました。道東にあるオンネトーの湖と繋がっているといいます。

オンネトーに光を降ろしました。「ヒントを与えたはずと伝えられた」と伴侶が教えてくれました。天神山を伝えてくれたクライアントの方からは、話の中で「小樽」「大雪山」「然別湖(しかしべつこ)」の言葉が出ていたことを思い出しました。この3つのポイントが地底と繋がっているポータルを開くヒントだと感じました。

6月11日(土)、小樽市と余市町のチャシを含めたポイントをピックアップして、解除して行きました。ハリウスチャシ、桜チャシ、ホッケマチャシ、フゴッペチャシ、ライクルハッタリチャシ、忍路(おしょろ)環状列石、に順に、画像や航空写真地図を見て、遠隔で光を降ろしました。

プゴッペ洞窟に光を降ろすと、「プゴッペの壁画にあったシャーマンの人の姿こそが地底人」と伴侶が伝えて来ました。フゴッペ洞窟にある壁画に彫られた人型が地底人だといいます。西崎山ストーンサークルに光を降ろす時に、「亡くなった人たちの魂が留まっている」と伴侶が伝えて来ました。

魂が昇天して土地が開かれるよう意図して光を降ろしました。「みんな昇って行った。光が入った」と彼女が教えてくれました。忍路環状列石、プゴッペ洞窟、西崎山ストーンサークルには、2014年10月に巡礼の旅で訪問していました。次に、シリバ岬に光を降ろしました。

このシリバ岬は、以前、円山原始林でオロさんの上の人から要請を受けて、光を降ろした場所でした。今、思うと、この時にヒントを与えてくれていたと感じます。「開いた。天神山の次に大きなポータル」と伴侶が教えてくれました。小樽は、光のポイントとして重要な場所であることは分かっていました。

色丹半島の付け根にあたる小樽は、羊蹄山を通る幾つものエネルギーラインが交差する場所でした。この光の場所を闇のエネルギーで封印するために、ポータルが作られていたのです。2日後、然別湖と大雪山のポータルを開くために、周辺の場所に光を降ろしていきました。

然別湖は、北海道十勝管内の鹿追町北部と上士幌町南西部にまたがる湖で、大雪山国立公園内にあります。然別湖には、2013年9月に観光目的で足を運んでいました。然別湖の中島である弁天島に遠隔で光を降ろしました。「光は入ったと思います」と伴侶が伝えて来ましたが、ポータルではないようです。

然別湖周辺の航空写真地図を見ていて、然別湖の東側に小さな湖の東雲湖(しののめこ)があることに気づきました。東雲湖は、オコタンペ湖、オンネトーとともに北海道三大秘湖に数えられるとされます。北海道三大秘湖の中では唯一、直接の連絡道路がない湖といいます。

また、東雲湖にはエゾサンショウウオが生息するといい、ここが然別湖のポータルに間違いないと確信しました。東雲湖に光を降ろすと「開きました。長老がありがとうと言っている」と伴侶が教えてくれました。長老とは、天神山のポータルから出て来た地底世界のシリウスのマスターのことです。

然別湖、東雲湖の周辺にある白雲山(標高1180m)と天望山(1174m)も解除するために光を降ろしました。天望山に光を降ろすと、「黒龍さんが出た。沢山のチビ龍たちも解放された」と伴侶が伝えて来ました。天望山に封じられていた龍神たちも解き放たれたのです。次に、大雪山に移りました。

大雪山は、北海道中央部にそびえる火山群の名称で、最高峰は旭岳(標高2291m)です。大雪山には、2014年8月に巡礼の旅で訪問していました。大雪山の航空写真地図を見て光を降ろすポイントを探してみましたが、やはり旭岳がポータルだと感じました。航空写真地図を見て旭岳に光を降ろしました。

「やっぱりそう。ここがポータルで開いた」と伴侶が伝えて来ました。ポータルの場所は、後からエメラルドグリーンの湖沼がある沼ノ平だと分かりました。「世界にはまだある。チベットをやってくれって。あなたが知っていると言っている」と伴侶が伝えて来ました。そして、縁の深いチベットのポータルを開放することにしたのです。

【関連記事】
滋賀 大蛇ヶ淵 〜巡礼の旅(319)〜
青森 十和田湖 〜巡礼の旅(261)〜
北海道 大湯沼 〜巡礼の旅(225)〜
posted by 地球の子 at 22:51| 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする