2017年01月30日

北海道 セタカムイ岩 〜巡礼の旅(354)〜

「セタカムイ道路防災記念公園の慰霊碑に光を降ろすと、アイヌの人たちが怒っていると分かった。アイヌの聖地である積丹半島の自然を壊してしまったことに対する怒りだと感じた。先が尖ったセタカムイ岩に光を降ろすと光が出て来た。セタカムイ岩は、光を放つ場所としてのポータルだった。」

2016年8月2日(火)、北海道の積丹(しゃこたん)半島の巡礼の旅を行いました。一番の目的は、神威岬のポータルを開くことでした。午前8時頃、札幌市内のレンタカー店で車を借りて出発しました。事前に幾つかの解除ポイントを拾い出していました。最初の目的地は、セタカムイ岩でした。

setakamuiiwa_convert_20170130140433.jpg

積丹半島は北海道西部、後志総合振興局にある半島で、地名はアイヌ語のシャクコタン(夏の村)に由来するといいます。日本海に向かって突き出ており、地質学上では那須火山帯に属する後志火山群の延長上に位置します。積丹半島は北海道における自然の残る重要な光のポイントの一つだと感じていました。

セタカムイ岩は、北海道古平郡古平町沖町にある高さ80mの奇岩です。セタカムイとはアイヌ語で「犬の神様」という意味といいます。漁に出た主人が帰ってこないで待っていた犬が悲しげに遠吠えをしていて、その後、犬の遠吠えをした形の岩が現れたという伝説から来ています。

セタカムイ道路防災記念公園からセタカムイ岩を眺めることができます。セタカムイ道路防災記念公園に車を停めて、セタカムイ岩の方に歩いて行くと、慰霊碑がありました。比較的、新しい慰霊碑でした。1996年の豊浜トンネル崩落事故で犠牲になった20余名の方を慰霊するための慰霊碑です。

慰霊碑の前で、亡くなった方々の魂があがるように意図して光を降ろしました。「亡くなった人たちではなくアイヌの人たちが怒っている感じがする」と伴侶が伝えて来ました。アイヌの人たちの気持ちが分かる気がしました。手つかずの自然が残る積丹半島に道路を作るために山を削ってトンネルを掘ったのです。

大事な自然を壊した人間に対する怒りの気持ちだと感じました。神威岬に代表される積丹半島は、自然を神として崇めていたアイヌの人たちにとっては聖地なのです。次に、先が尖ったセタカムイ岩に光を降ろすと「光が出てきた」と伴侶が教えてくれました。セタカムイ岩は、光を放つ場所でした。

セタカムイ岩を後にして、神威岬に移動しました。神威岬の解除は、2015年9月に遠隔で行っていましたが、細かく見ながら解除するために現地を訪れました。神威岬は、北海道積丹郡積丹町大字神威岬にある岬です。積丹半島北西部から日本海に突き出していて、ニセコ積丹小樽海岸国定公園に属しています。

駐車場に車を停めて、徒歩で神威岬に向かいました。岬の付け根にある駐車場から先端部までは尾根沿いに整備された「チャレンカの道」と名付けられた、770mの遊歩道が整備されており、徒歩で30分程、掛かります。積丹半島の一番の観光名所だけあって、予想以上に多くの人たちが来ていました。

遊歩道には、日本人と同じくらいの数の中国や韓国からの来た人たちがカメラを手にして歩いていました。中には、犬を連れている人たちもいました。10分程歩くと、女人禁制の門に過ぎました。女人禁制は、修験道に良く見られるように、男性社会にするために、女性を分け隔てて封じるための仕組です。

その昔、神威岬は女人禁制でした。北海道には修験によって封印されている地が少ないので、神威岬にあるとは思いませんでした。日高地方の首長の娘チャレンカが源義経を慕ってこの岬まで追ってきましたが、既に海の彼方へ去ったことを知って身を投げ、神威岩になったという言い伝えがあります。

チャレンカの嫉妬心が女を乗せた船を転覆させたことから、岬一帯が女人禁制の地になったとされます。ただし、現実的には、和人が岬から奥地へ定住することで、ニシン漁を始めとした権益を損なうことを恐れた松前藩による規制と考えられています。駐車場から約30分歩いて、先端の神威岬に着きました。

岬の周りの海は「積丹ブルー」の明るい青色になっていました。まずは、遠くに見える神威岩を意図して光を降ろしました。「周りに虹が円が現れた」と伴侶が教えてくれました。次に、神威岬全体を意図して光を降ろすと、「開いた。幾重にも封印がされていた」と伴侶が伝えて来ました。

アイヌの聖地である神威岬が解放されました。大事な場所である故に、やはり修験道による封印がなされていた感じがしました。神威岬は、地底と繋がるポータルだと思っていましたが、そうではありませんでした。神威岬を後にしてから積丹半島の別の場所がポータルだと分かったのです。

【関連記事】
高知 唐人巨石群 〜巡礼の旅(210)〜
大阪 磐船神社 〜巡礼の旅(130)〜
西宮 越木岩神社 〜巡礼の旅(85)〜
posted by 地球の子 at 14:15| 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする