2017年05月04日

北海道 人間のエゴの闇のエネルギー体 〜巡礼の旅(374)〜

「迷惑行為をする闇の人に光を降ろすとダースベイダーのような黒い姿の宇宙存在が現れた。人間の中に制御不能なエゴの闇という魔物が出来ることを伝えて撤収して行った。闇の人のハイヤーセルフの助言を受けて、光を降ろすと怪獣のような物が吸い上げられて行った。」

2014年8月上旬、伴侶に迷惑メールが送られて来ました。嫌がらせを目的とした悪意のあるものでした。1度や2度ではなく、不自然なくらい執拗なものでした。私たちは、日頃、目にする身近な物から、迷惑メールの送り主が誰なのかは、感覚的に推測することが出来ました。

morinomidori_convert_20170504141054.jpg

その後、私の方にも申込みで、全くおかしいと感じる迷惑な内容のものが同一人物から複数回ありました。その人は私が主催するイベントに参加しました。イベントの中で、説明している時、名前がピンと浮かんで来ました。伴侶宛の迷惑メールの推定と一致したのです。

今から思えば、私たちに対する一連の迷惑行為は、背後の闇の宇宙存在からのサインでした。「おかしいな・・一体何だろう」と気づかせるための手段だったのです。闇の存在は、それしかできないのです。「早く解除して欲しい」というサインだと感じました。その後、伴侶への迷惑メールは不定期的に続きました。

私たちは覚悟を決めて、迷惑行為をする闇と対峙することを決意しました。光の存在たちや光に還った僧侶の方々にもサポートをお願いしました。まず、伴侶が相手のハイヤーセルフに許可をもらうためにアクセスしました。ハイヤーセルフはとても小さくなっていて、助けを求めていました。

次に、私が闇の解除を意図して、遠隔で光を降ろしました。「スターウォーズに出てくるダースベイダーのような黒い姿の宇宙人がいる」と伴侶が伝えて来ました。闇の宇宙存在でした。「私たちは、あなたに役目を終えてもらうためにコンタクトしました。どうぞ、闇の役割を終えて、還るべき所に還ってください」。

私は巡礼の旅の中で闇の存在に引導を渡す文言を伝えました。「最初の内は、この者は面白かった。しかし、もう、言うことを聞かない。この者には自分が作った魔物がいるのだ」と闇の宇宙存在は伴侶を通じて伝えて来ました。人間は自分の中にエゴや欲望の塊と言える魔物を作ってしまうというのです。

エゴの闇の魔物ができると、背後の宇宙存在さえもコントロールできない状態になるのです。「あなたも宇宙の人であれば、今の地球の状態はお分かりでしょう。地球は光に移行しています。あなたの役割は終わりです。どうぞ、あなたが仲間の方々を連れて、地球から撤退してください」と私は伝えました。

「私たちが去っても、日本だけでなく世界中にいる。それをどうする」と闇の宇宙存在は尋ねて来ました。「解除が必要なものは、一つ一つ、やっていくしかありません。それが重要なのです。そのためには、まず、あなたがこの人から去って還ることが大事です」と私は伝えました。

「分かった。連れの者も引き連れて行こう」と闇の宇宙存在は言いました。「あなたの名前は何と言いますか?」と私は聞きました。「ルータだ」と答えて来ました。「分かりました、ルータさん。光を降ろしますので、仲間の方たちと一緒に還ってください。長い間、お疲れ様でした」と私は言いながら、光を降ろしました。

「名前を忘れるな。私はルータ、ルータだ」と言いながら闇の宇宙存在は還って行きました。宇宙存在が去った後、当人の中の魔物を解除することにしました。「ハイヤーセルフから喉と胸を意図して光を降ろすように言われた」と伴侶が教えてくれました。

私は光の存在たちに、再度、サポートをお願いして、魔物を解除するために光を降ろしました。「怪獣のような物が吸い上げられていった」と伴侶が伝えてくれました。闇の時代、地球には闇の役割をする人がいます。闇の役割の人の背後には、闇の宇宙存在がいます。

闇の宇宙存在は、地球に闇を作って保つための仕事をしています。人間は、地球で闇を経験して大きな光になるために、地球に生まれて来ています。魂の成長のためには闇が必要です。闇を経験するには闇の人が必要です。闇の人と闇の人をサポートする闇の宇宙存在は感謝すべき存在です。

地球が光に移行するには、地球の闇を解除する必要があります。土地と人間の闇の解除です。土地の闇より手ごわいのは、人間の闇です。地球が本来の輝きを取り戻す時に、一番の障壁になるのは、誰もコントロールできない魔物の姿をした人間の中のエゴの闇なのです。

【関連記事】
鹿児島 可愛山稜 〜巡礼の旅(197)〜
宮崎 高千穂神社 〜巡礼の旅(241)〜
富山 御皇城山皇祖皇太神宮 〜巡礼の旅(294)〜

posted by 地球の子 at 14:23| 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする