2018年07月19日

北海道 裏インドの闇の女神カーリーの統合 〜巡礼の旅(453)〜

「網戸に沢山のハエが集まっていたのは、裏インドの闇の女神カーリーからのサイン。カーリーは、自分は光の魂を貰っているが人間の喜びが羨ましいとメッセージを伝えた。極限的に深い闇の役割のカーリーが統合した今、多くの人が光を選択して輝く時に来ている。」

11月初め、光の講座の参加者の佐智子さんから「裏インド」の情報についてのメールが届きました。「殺戮の女神カーリー、シヴァ、ダキニ、ナーガなどインドの神様が気になります」と記されていました。「裏インド」とは、ヒプノセラピーで伝えられた深い闇を暗示するキーワードです。

Kali1[1].jpg

裏インドの闇は、生贄など大きな苦しみを伴い肉体の命を失うことに繋がる深い闇と言えます。インドの地は、深い闇を創るための闇の実験場であったことが分かっています。日本の大きな光を封印するために、裏インドの闇が生み出され、仏教を通じて日本に持ち込まれたと感じています。

これまでのインドに関する光のワークでは、ヒンドゥー教の三位一体とされる三大神のブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァには、光を降ろしていました。佐智子さんが伝えて来たインドの神様の中で、私が気になったのは、「カーリー」「ダキニ」「ナーガ」です。その中でも、カーリーに注目しました。

カーリーについてネットで調べると、ウィキペディアには、「カーリーは、ヒンドゥー教の女神である。その名は「黒き者」あるいは「時」の意。血と殺戮を好む戦いの女神。シヴァの妻の一柱であり、カーリー・マー(黒い母)とも呼ばれる」とありました。画像を観ると、強烈なインパクトのある姿です。

「全身黒色で3つの目と4本の腕を持ち、4本の腕の内一本には武器を、一本には斬り取った生首を持っており、チャクラを開き、牙をむき出しにした口からは長い舌を垂らし、生首をつないだ首飾りをつけ、切り取った手足で腰を飾った姿で表される」と記されていました。

佐智子からメールが届いた翌日、伴侶がセッション後、体調不良になったと、SOSの助けを求めて来ました。体調不調の具体的な症状としては、「何かの網を掛けられた感じで、やる気が起きない」と伝えて来ました。クライアントの方が連れて来た、闇の存在からの闇のエネルギーの影響だと感じました。

伴侶に光を降ろすと、「うろこのある魚みたいな女の人の口から舌が出て、網が吸い込まれた。舌は先が2つに割れている」と伴侶が言いました。「裏インドの女神カーリーだ」と私は直感しました。カーリーの舌から網のエネルギーが放たれて、人に網を掛けて抵抗できないようにしていたのです。

「カーリーがここにいる」と伴侶が自分の横を指さしながら伝えて来ました。私は、カーリーと対峙することにしました。「あなたのような深い闇の役割の存在の意味は分かります。地球は闇から光に変わって来ています。光を降ろしますので、どうぞ光にお還りください」とカーリーに促しました。

するとカーリーは伴侶を通じてメッセージを伝えて来ました。「自分は光の魂をもらっているが、人間の喜びが羨ましい。人間というのは面白い。愛のないものを面白がる。殺戮を好む。あなたがこれを伝えなさい」。人間という存在は、喜びを味わう光にも成れるし、殺戮を好む闇にも成れます。

私はカーリーが光に還るよう光を降ろしました。「昇って行った」と伴侶が教えてくれました。ここ最近、サッシの網戸に10匹以上のハエが集まっていたことを思い出しました。今、思うと裏インドのサインだったと感じました。実際にインドには、沢山のハエがいます。「ハエはカーリーの使い」と伴侶が言いました。

ハエは、闇の女神カーリーの使いだったのです。地母神の使いが日本ミツバチであるのを模して、闇の女神カーリーの使いとしてハエが創られたと感じました。カーリーの遣いであるハエを意図して光を降ろしました。「三角形が3つ出て来た。ハエの体は3つの三角で出来ている」と伴侶が伝えて来ました。

ハエの画像を観ると、顔と羽と全体が、それぞれ三角形になっていると分かりました。三角形は闇の印です。闇の象徴としてハエが創造されたと感じました。裏インドは、大きな光を封印するために必要な深い闇です。全ては、多くの魂が深い闇を経験して大きな光になるためなのです。

闇の女神カーリーは、極限的な闇の役割を担ってきた闇の存在です。カーリーの存在なくして、深い闇は経験できなかったと思います。この上ない深い闇が光に還ったことは、人々が闇から光への反転の時を迎えていることを意味します。これから、多くの人々が光を選択して輝いて行くことを願っています。

【関連記事】
インド インド聖者と分離エネルギーの解除 〜巡礼の旅(448)〜
インド タージマハル 〜巡礼の旅(432)〜
インド シブリング山 〜巡礼の旅(343)〜
posted by 地球の子 at 22:44| 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする