2018年09月25日

エゴを小さくするために (1/3)

「地球で転生を繰り返して来たのは、光輝く魂になるためです。深い闇を経験して大きな光になるためです。魂が光になるためには、エゴを小さくする必要があります。」

地球は、今、闇の崩壊と淘汰の段階を迎えています。これは、地球が闇から光に変わるために必要なプロセスです。人間が深い闇を経験して、大きな光になるために、安定した深い闇の環境が創られて来ました。

purobidensunome.jpg

魂が闇を経験して光になることが目的だからです。肉体に魂が宿り、地球の三次元世界で、多くの闇の経験をしていくことで、輝く魂になるのです。魂が輝く光になることが地球に来た目的を完結することになります。

闇の時代が終わり、光の時代に向かうために、闇の仕組も崩壊して行きます。現在は、全ての人が光か闇かの二者択一の選択を迫られる時でもあります。地球と共に光を選択するのか、闇を選択して終わるのかの分岐点に差し掛かっています。

幾度も転生を繰り返して、深い闇を経験して来た魂が強い輝きになるために生まれてきていると感じます。地球が闇から光に変わる機会は、今回が最初で最後となります。光になるために地球に来たことを思い出す時です。

魂が光輝くために、一番の障壁になるのが「エゴ」です。エゴを小さくすることは、純粋になることであり、魂が輝くことに繋がります。この地球は人間のエゴを利用して暗闇が創られて来ました。

人間のエゴがあるからこそ、地球が深い闇の星になったのです。ある意味、エゴは究極の闇とも言えます。今回、エゴを小さくするには、どうしたら良いのか、について掘り下げてお伝えしたいと思います。

「エゴを小さくするために」どうしたら良いのか、を理解しやすくなるように、(1)エゴとは何か、(2)エゴに気づく、(3)エゴを小さくする、の3つに分けて、順を追ってお伝えしていきます。

(1)エゴとは何か

エゴとは、究極の闇であり、光である「愛」と反対なものです。「純粋さ」と対極にあるものとも言えます。エゴとは、きれいなものを汚すものです。純粋なものを穢すことになります。エゴと愛は、エネルギー的にも違いがあります。

光の愛は軽く、闇のエゴは重いものです。エゴがあると輝いている魂が曇ります。輝いていた魂が光を放つことが出来なくなります。どうしてエゴが存在しているのかというと、「愛」や「純粋さ」を知るためです。

闇があっての光です。光を知るためには闇の存在が必要です。エゴがあることで、愛とは何かを知ることが出来ます。では、具体的に、エゴとは、どういうものでしょうか。

私が経験と感覚から理解しているエゴとは、次の3つに分けることが出来ます。1つ目は、「自分のものにしたい」という思いです。これは所有するという欲望(所有欲)に繋がります。物やお金を出来るだけ多く持ちたいという思いとそれに伴い行為です。

ヒプノセラピーでは、「囲うようになる」という表現で伝えられたことがあります。机の上にある幾つかの物の周りに両手で囲いを作って、独り占めする行為です。皆と分かち合うことと正反対のものです。

2つ目は、「人より秀でたい」という思いです。人の上に立ちたい、人より評価されたい、人より優秀でありたい、というエゴです。人との比較の上に成り立っています。これによって優越感を得ることになります。

所有や優越のエゴは、分け隔てるという「分離」に繋がります。所有することで、囲いを作り、人と分け隔てて行きます。優越のエゴは、人は違う特別の価値を得るために、自分が上部に位置することを目指します。

この2つのエゴは、目標に到達するために自助努力するというプラスの側面もあります。勉強やスポーツなど、競争の中で頑張るという自己鍛錬を通じて、自分を成長させることにも繋がります。

3つ目は、「人を思い通りにしたい」という思いです。これは、支配・コントロールを意味します。自分が思っている通りに、人を行動させるようにしたいというエゴです。

支配のエゴは、集団において大きくなります。人を集団にさせることは闇を広げるための手法の1つです。統括や管理する立場の人が、大人数の人たちを同じ方向に向かせるために必要だからです。

会社組織や教育現場において、支配が強くなるのは自然の流れです。昨今のスポーツ界でのパワハラ問題は、こうした権力者が思い通りにするために、物理的な暴力や言葉の暴力を使うことに起因します。

支配のエゴが生まれやすいのは、親子関係にもあります。育児をする母親が自分の子供を思い通りにさせるために、支配のエゴを強めることがあります。極端な場合、自分が決めた型にはめ込むことをして行きます。

支配の反対は自由です。自由の素晴らしさを知るために支配を経験します。3つのエゴは、いずれも地球を暗闇にするための基盤である「分離と支配」から来ています。地球が闇から光に変わる時、分離と支配の闇も卒業です。

地球が闇になるのは、人間のエゴによるところが大きいことが垣間見えます。自分のエゴを小さくするためには、まずは、自分のエゴに気づいて行く必要があります。(つづく)
 
【関連記事】
北海道 オリオンの闇の宇宙人 〜巡礼の旅(371)〜
北海道 ブラック企業の背後にいた闇の宇宙存在 〜巡礼の旅(378)〜
神奈川 所有の概念を降ろした闇の宇宙存在 〜巡礼の旅(385)〜
ラベル:エゴ 光になる
posted by 地球の子 at 00:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする