2018年12月02日

お詫びとご報告

ヒプノセラピーのクライントの方々や光の講座の参加予定の皆さまに、日程を延期して、ご迷惑をおかけしたお詫びとセラピスト活動、ブログ更新の再開のお知らせ

この度は、私の健康上の理由により、ヒプノセラピーのクライントの方々や光の講座の参加予定の皆さまに、セッションや講座の日程を延期して頂き、ご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございませんでした。 ブログの更新も10月上旬から、突然、途絶える状態となり、読者の皆さまには、心からお詫び申し上げます。

midori+hikari_convert_20130706121833.jpg

実は、10月上旬から息苦しさの自覚症状から体調不良が始まり、11月初めから心臓疾患で病院に入院して10日間ICUに入り、 一般病棟に移ってから20日近く療養して来ました。入院中に様々な検査や治療が施されて、11月末、 約1ヶ月に渡る病院での治療から解放され、ようやく退院することが出来ました。

「入院時には心臓の機能が15%まで落ち込んだ状態になっていた」と医師が話していました。三次元的には「心不全」という病名ですが、病院で様々な検査を行っても原因が分からない状況で現在に至っております。自宅での療養中のヒプノセラピーでは、「カルマの解消と新しい能力の開発のため」と伝えられました。

医学的にも病気の原因が分からない状況であることから、ある意味、伝えられた内容は客観的な証になると感じております。10月の体調不良の際は、「呼吸困難」「眠れない」「食べられない」という三重苦の経験をしていました。これまでの人生で一番辛くて苦しい時期だったと思っております。

今回の体調不良と長期の入院は、いわゆる闇の仕事をしてきたドラコニアンの解除・統合が直接的なきっかけであり、彼らについて真実を知ることが重要になってくると感じております。いずれにしても、これから記憶をたどりながら、私が体験したことや感じたことについて、ブログで綴って行きたいと考えています。

人生で初めての入院となった私にとって、医療とは何か、どういう役割なのか、について体験を通じて知る貴重な機会となりました。体験していない者が、そのことについて深く語ることは出来ないことを痛感しました。助けて頂いた病院の先生や看護師など医療関係者の方々に対して、深い感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

また、入院中に、ご心配の連絡や激励のメールを頂いた方々には、返信できない場合もあり、この機を通じてお詫び申し上げます。光の仲間の方々には、回復のために力を与えてくださり、ありがとうございました。そして、いつも側で寄り添って、お世話をしてくれた伴侶には、言葉では代えがたい感謝の思いでいっぱいです。

私は、12月からセラピスト活動を再開させて頂くことになりました。無理のない範囲で、ブログの更新もしていく予定でおります。「世界を大きく広げて、何でもやってみることが大事」と伝えられています。これからは、自分を大切にして、経験を通じて価値観を大きくしていけるよう心掛けて行きたいと思います。

また、私自身が大きく変わるためには、「自分ができる最善を尽くしていくこと」と感じております。今回の非常に辛くて苦しい経験を闇の経験として終わらせることなく、光に変えていくことが大事だと思います。セラピストとして、一人の人間として、より輝いて光を広げられるよう歩んで行きたいと願っております。

posted by 地球の子 at 12:05| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする