2017年10月04日

京都 アークトゥルスの解除と統合(2) 〜巡礼の旅(405)〜

「読者の方からメッセージを受けて青蓮院の将軍塚青龍殿を訪れた。展望台から京都市街に光を降ろすと有馬温泉と同様に大きなクモと円盤が昇って行った。アークの宇宙船は二条城を拠点にしていた。権力による支配の中心の京都の地が赤の闇の仕組から解放された。」

巡礼の旅で有馬温泉の地を解除した翌日、私は丸1日スケジュールが空いていました。こういう場合、どこか解除に行くべき場所があるということです。2つのヒントが与えられていました。1つは、有馬温泉に行く電車の中で、天台宗の教本を熱心に読んでいた老婦人が目につきました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 23:40| 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

京都 弓月君 〜巡礼の旅(362)〜

「右肩に強い痛みはエネルギーの矢が刺さったからだった。エネルギーの矢を放ったのは、秦氏の先祖の渡来人の弓月君(ゆづきのきみ)だと感じた。光を降ろして弓月君の御魂は昇天した。大勢の渡来人のエネルギー体が列を作って、一人ひとり意図して光に還して欲しいと伝えて来た。」

日本は闇の役割の渡来人によって封印されました。光を放つ土地が封印され、光の縄文時代のやまとびとが殺められ、光の人々が封じられました。日本は光の時代から闇の時代に入りました。封印は輝くための封印です。渡来人の御魂が光に還り、闇の封印が解かれる時が来たのです。
続きを読む
posted by 地球の子 at 14:53| 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

京都 日室山 〜巡礼の旅(268)〜

「元伊勢内宮・皇大神社の真名井の池に光を降ろすと大魔神のような縄文の神が解放された。大江山鬼嶽稲荷神社を解除した後、ピラミッド型の日室山に光を降ろすと、異国風の姿の女神が解き放たれた。イスラム教のヤハウェの原型の神だと感じた。」

2015年5月31日(日)、7月の京都巡礼の旅で足を運ぶ予定にしていた私市(さきいち)円山古墳の解除から始めました。私市円山古墳は京都府綾部市私市町にある古墳時代中期の古墳で、墳丘直径70m、高さ約10mであり、京都府下で最大規模の円墳だといいます。航空写真地図で私市円山古墳を確認して光を降ろしました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 20:05| 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

京都 醍醐寺 〜巡礼の旅(254)〜

「夢に出て来た当山派修験道の祖である理源(りげん)大師の御魂をあげるために、醍醐寺(だいごじ)と吉野山の墓所に光を降ろした。理源大師は、私はこの日を待っていたのだと言って、同門の僧侶たちと一緒に昇天した。聖護院(しょうごいん)を開基した、当山派の増誉(ぞうよ)の墓所に光を降ろして、増誉の御魂も昇天して行った。」

4月27日(月)、夢に出て来た修験道の僧侶の御魂をあげることにしました。修験道の僧侶は理源大師でした。理源大師は、私の前に両手を広げて立って、光を降ろして御魂をあげるように伝えに来たと感じました。理源大師は、正式名を聖宝(しょうぼう)といい、平安時代前期の真言宗の僧です。弘法大師の孫弟子にあたります。

続きを読む
posted by 地球の子 at 23:12| 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

京都 松尾大社 〜巡礼の旅(230)〜

渡来系氏族の秦氏一族の首長クラスの人物の墓と推定される蛇塚(へびづか)古墳に光の柱を降ろして土地が解放され、古代から秦氏に奉斎されている松尾大社に光を降ろし、松尾山から黒龍が解き放たれた、京都巡礼の旅

7月4日(土)、木嶋坐天照御魂神社の解除を終え、蛇塚古墳に向かいました。約10分、車で移動してコインパーキングに駐車して、徒歩で現地を目指しました。蛇塚古墳は、京都市右京区太秦にある古墳で、京都府下でも最大の横穴式石室をもつ前方後円墳であるといいます。人に道を尋ねながら10分程歩いて蛇塚古墳に着きました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 12:34| 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする