2017年11月09日

北海道 アークの下で闇の仕事をしていた太陽人の帰還 〜巡礼の旅(412)〜

「アークトゥルスの配下で、現場作業員のタコの宇宙人を監督する宇宙人がボゼだった。ボゼは、闇の役割の太陽から来た太陽人だと分かった。人を操って闇を広げる仕事の他に、蛇のエネルギー体を配送する仕事や仲間を監視する仕事をしている太陽人もいた。」

3月上旬、伴侶が外出から帰宅すると頭が痛いと訴えて来ました。ドラッグストアで買い物をしてから頭痛が始まったといいます。ドラッグストアは、北海道と関東を中心に店舗を展開しており、過去のヒプノセラピーの際にクライアントの方から伝えられたことのあったお店でした。

続きを読む
posted by 地球の子 at 20:06| 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

北海道 アンドロメダの宇宙存在(1) 〜巡礼の旅(399)〜

「チカチカ光る分離エネルギーを放つのはアンドロメダの存在である分離星人。地球を分離の世界という暗闇にする分離エネルギー。分離星人は縄文遺跡から出土する遮光器土偶の原型だと分かった。自らの証を残すことで、光の時代の真実を封印するためだと感じた。」

プレアデスの闇の解除と統合の後、アンドロメダの存在の解除を行うことになりました。アンドロメダの存在は、東北地方の縄文遺跡に出土する遮光器土偶の原型でした。地球を分離エネルギーで覆うために、エジプトのピラミッドと大阪の巨大古墳を拠点にしていたのです。

続きを読む
posted by 地球の子 at 20:43| 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

北海道 タコの宇宙人の帰還(3) 〜巡礼の旅(397)〜

「タコの水揚げ量、日本一の北海道は、闇が深いと感じた。江差、稚内、根室、えりも岬の海域に光を降ろすと、タコの宇宙人は、各々の近くのゼロポイントに還って行った。東北地方の福島県相馬、青森県八戸もタコの漁場であり、タコの赤の闇で封じられていたと分かった。」

8月中旬、札幌の光の講座の参加者の方から「江差の鴎島(かもめじま)が気になる」という趣旨のメールが届きました。鷗島は、道南の日本海側に存在する小さな島です。江差は、昔、ニシンで栄えた街ですが、炭鉱で栄えた夕張と同じ寂れた状況になっているといいます。

続きを読む
posted by 地球の子 at 12:12| 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

北海道 ブラック企業の背後にいた闇の宇宙存在 〜巡礼の旅(378)〜

「ブラック企業に光を降ろすと闇の宇宙存在がいた。エゴが強い大人は入りやすく、若者は純粋だから簡単だと言って来た。ブラック企業は、強欲な大人に闇が入って操り、若者に闇を経験させている構図。地球が光に向かう今、すべての人が闇を卒業する時に来ている。」

昨年2月、「息子がブラック企業で働かされている。どうしたら良いのか分からない」と知人から相談を受けました。低賃金、長時間労働を強いる労働環境でした。闇を解除するために会社に光を降ろしました。すると、黒いジャミラの姿の闇の宇宙存在と対峙することになったのです。

続きを読む
posted by 地球の子 at 17:08| 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

北海道 人間のエゴの闇のエネルギー体 〜巡礼の旅(374)〜

「迷惑行為をする闇の人に光を降ろすとダースベイダーのような黒い姿の宇宙存在が現れた。人間の中に制御不能なエゴの闇という魔物が出来ることを伝えて撤収して行った。闇の人のハイヤーセルフの助言を受けて、光を降ろすと怪獣のような物が吸い上げられて行った。」

2014年8月上旬、伴侶に迷惑メールが送られて来ました。嫌がらせを目的とした悪意のあるものでした。1度や2度ではなく、不自然なくらい執拗なものでした。私たちは、日頃、目にする身近な物から、迷惑メールの送り主が誰なのかは、感覚的に推測することが出来ました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 14:23| 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする