2021年01月30日

北海道 精霊が解放された日本列周囲の離島原始林の解除 〜巡礼の旅(596)〜

「礼文島、利尻島、隠岐島、五島列島、小笠原諸島、青ヶ島、直島、慶良間諸島、与那国島、対馬、壱岐島、西表島に順に光を降ろしていくと精霊の輪っかが外れて自由になった。人間のエゴの闇で覆われていた精霊の光が解放された。」

礼文島と利尻島は、稚内市の西方の日本海に浮かぶ島です。2015年9月に利尻山を解除した際に銀龍が解放されています。礼文島と利尻島に続けて光を降ろすと「光になった。精霊の輪っかが取れた」と伴侶が伝えて来ました。精霊という光の粒子の表面を覆っていたエゴの闇が取れて、本来の光の姿になったのです。


続きを読む
ラベル:利尻島 離島 精霊
posted by 地球の子 at 20:34| 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月31日

北海道 開拓のシンボルとなる赤の五芒星 〜巡礼の旅(580)〜

「北海道開拓時代の遺産である赤レンガや時計台には赤の五陵星が飾られている。赤色は血とエゴの闇で、五陵星は五芒星の形であり、支配を意味する。北海道開拓は、大きな闇の支配を暗示していたと感じる。」

2019年11月12日、ワークを兼ねた観光のために札幌市内の赤レンガと時計台を訪れました。明治維新の北海道開拓から約150年が経ちます。札幌の地には、開拓の歴史を知ることができる興味深い建造物があります。「赤レンガ」の正式名は「北海道庁旧本庁舎」です。


続きを読む
posted by 地球の子 at 15:44| 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月09日

北海道 闇が洗われて光になるための新型コロナのパンデミック 〜巡礼の旅(557)〜

「中国・武漢市から新型コロナウイルスは広がった。宗教施設に牛の目玉が置かれ、エゴの闇が広められた。新型コロナウイルスは、エゴの闇、同和の闇を終わりにする役割。輝くために闇で闇を洗う働きをする。地球は闇から光への大きな変化を迎えている。」

新型コロナウイルスの感染拡大は、世界的なパンデミック状態になっています。イタリア、スペイン、仏国、英国、米国など欧米諸国は、都市封鎖の状況になっています。日本国内でも感染者が増加し、特に首都東京では、医療崩壊の危機が迫って来ています。

続きを読む
posted by 地球の子 at 11:46| 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

北海道 寒気を感じる暗闇で覆われた札幌・月寒 〜巡礼の旅(544)〜

「目の痛みから東北・北海道の軍都の闇の解除を行った。弘前市、むつ市大湊、秋田市、盛岡市、札幌市月寒に光を降ろした。軍都の闇は天皇派の闇であり、光と表裏一体としての純粋な暗闇。純粋な闇の上にエゴの闇が構築されて、より深い暗闇となる。」

今年1月上旬の夜、両目奥と眉間に軽い痛みを覚えました。鼻の不調から山形県の軍都の解除ワークをした後なので、青森県、秋田県、岩手県の軍都の闇の解除だと感じました。軍隊の都市としての純粋な闇は、東北・北海道の闇のベースとなっている感じでした。

続きを読む
ラベル:軍都 月寒 大湊
posted by 地球の子 at 20:52| 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

北海道 レムリアで闇の仕事をしていた過去世の鳥族 〜巡礼の旅(542)〜

「睡眠中の奇声はカラスを集めるための合図。過去世の自分はカラスの化身だった。鳥族としてカラスを使ってレムリアを闇にしていた。小鳥の姿の空の精霊を封じるための闇の仕事をしていた。奇声は光を降ろして闇の過去世を統合するためのサインだった。」

寝ている時に、自分が奇声を発していることは、過去に何度も経験していました。たまに、自分の奇声で目を覚ますこともありました。奇声は、いつも決まって、裏声のような高い声です。時期的には、2年程前からだと思いますが、原因はつかめていませんでした。

続きを読む
posted by 地球の子 at 20:48| 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする