2016年06月19日

新潟 八海山 〜巡礼の旅(298)〜

「八海山(はっかいさん)、越後駒ヶ岳(えちごこまがたけ)、中ノ岳(なかのだけ)から成る、越後三山を解除するために、八海山を封印する役目の八海山尊神社と八海神社に光を降ろして解除した。八海山、越後駒ヶ岳に光を降ろし、最後に中ノ岳に光を降ろすと、山から光が放たれた。」

2015年8月25日(火)、新潟の地の解除のために、宝徳山稲荷大社(ほうとくさんいなりたいしゃ)からスタートしました。旅行会社から送られて来たパンフレットに宝徳山稲荷大社の参拝案内があったのがきっかけでした。宝徳山稲荷大社は、新潟県長岡市にある神社で、主祭神は天照白菊宝徳稲荷大神といいます。

続きを読む
posted by 地球の子 at 17:43| 新潟県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

新潟 キリシタン塚 〜巡礼の旅(297)〜

「江戸時代の曹洞宗・僧侶の良寛の墓に光を降ろすと、3人の僧侶のエネルギー体が出てきて昇天した。良寛の御魂が良かったと伝えて来た。無宿人の慰霊碑とキリシタン塚に光を降ろすと、地上に留まっていた亡くなった人の魂が昇って行った。留まっている魂たちを光に導くことが闇を解消することになる。」

2015年8月15日(土)、房総半島で気になっていた高家(たかべ)神社の解除を行うことにしました。高家神社は、千葉県南房総市にある神社で、祭神は、磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)、天照皇大神、稲荷大神といいます。磐鹿六鴈は、日本書紀などに伝わる、第8代孝元天皇皇子の大彦命の孫で、比古伊那許志別命 (ひこいなごしわけのみこと)の子とされます。

続きを読む
posted by 地球の子 at 16:19| 新潟県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

新潟 弥彦神社 〜巡礼の旅(285)〜

「弥彦(いやひこ)神社の境外社・祓戸神社に光を降ろすと、白龍が解された。弥彦山山頂にある神廟(奥の宮)に光を降ろすと、黒龍が封印されていて出て来れないと分かった。弥彦公園内にある弥彦神社の境外社・湯神社に光を降ろすと、黒龍が解放された。」

2015年8月13日(木)、春日山(かすがやま)城跡に光を降ろすことから開始しました。春日山城は、新潟県上越市にあった城で、戦国武将上杉謙信の城として知られています。現在、春日山城跡は国の史跡に指定されています。航空写真地図で春日山城跡を確認して、光を降ろしました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 16:47| 新潟県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

新潟 小滝川ヒスイ峡 〜巡礼の旅(284)〜

「小滝川ヒスイ峡に光を降ろすと、"ヒスイというのは、価値があることを渡来人は知っていた。不老不死と言われるもの。不比等はヒスイを麻のようにして封じた。取ってはいけないものとした"と伝えられた。神事で用いることにより、ヒスイは麻と同様に、意図的に封印されたものだと分かった。」

2015年8月12日(水)、長野県安曇野の地の解除を終えて、新潟県糸魚川の地の解除を行うことにしました。新潟の地は、巡礼の旅を開始して直ぐの2013年9月に、訪れた場所でした。その時に巡った場所を含めて、光を降ろすための幾つかのポイントを拾い出しました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 14:53| 新潟県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

新潟 高浪の池 春日山城跡 〜巡礼の旅(7)〜

姫川・構造線の癒しのために太陽の龍神と月の龍神の分身が放たれた高浪の池の訪問と名将・上杉謙信公の本拠地である春日山城跡での光の柱を立てての慰霊の祈り

9月26日(木)、私たちは新潟県の糸魚川市と上越市へ車で向かいました。新潟に来た最初の日に白山神社の黄龍神社で伴侶が授かった太陽の龍神の分身とクライアントの方を通じて来た月の龍神の分身を姫川上流に放つ必要がありました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 00:00| 新潟県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする