2018年03月19日

岩手 瀬織津姫は月の地母神 〜巡礼の旅(431)〜

「阿波井神社の祭神・大宜都比売に光を降ろすと、アークによって月の地母神が封じられて大宜都比売の名前の神が作られたと分かった。月の龍神は月の地母神の化身であり、月の地母神の本体は、岩手県の早池峰山から既に解放されていた赤子を抱く女神だった。」

6月上旬、「玉置山が気になる」と伴侶が伝えて来ました。玉置山は、奈良県吉野郡十津川村にある、大峰山系の最南端で標高1076mの山です。玉置山を封じる役割として玉置神社があり、2014年9月の巡礼の旅で玉置神社と玉置山の解除を目的に現地を訪れていました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 21:25| 岩手県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

岩手 乳頭山 〜巡礼の旅(327)〜

「乳頭山山頂には法剣があり、修験道によって封印されていると感じた。法剣に光を降ろすと剣を持った修験僧のエネルギー体が攻撃して来た。役目を終えるよう促して光を降ろすと昇天した。乳頭山全体に光を降ろすと小さな弓矢を持った女神が解放された。」

脊振山から指揮棒を持った女神が解放された翌日の朝、伴侶が夢で「雫石(しずくいし)」の地名が出て来たと話しました。雫石は、岩手県中部にある町の名前です。雫石の近くの山に女神が封印されていると感じました。日本地図を見ると乳頭山(にゅうとうさん:烏帽子岳)が気になりました。

 続きを読む
posted by 地球の子 at 00:27| 岩手県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

岩手 早池峰山 〜巡礼の旅(257)〜

「早池峰山、六角牛山、石上山の3つの山に光を降ろすと、赤子を抱いている女神が解放された。女神の両隣には御付の女性がいた。マリア様と瀬織津姫の原型となる女神だと感じた。解除のサポートをしてきた月の龍神は、解放された女神の分身だと分かった。」

5月2日(土)、早池峰山の北の登山口にある早池峰神社の解除から始めました。北の登山口の早池峰神社は、川井村の門馬の早池峰神社とも呼ばれています。画像を観て、北の登山口の早池峰神社に遠隔で光を降ろしました。「よく分からない」と伴侶が伝えて来ました。早池峰神社・奥宮に光を降ろしたので、既に解除されている可能性があると感じました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 20:05| 岩手県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

岩手 早池峰神社奥宮 〜巡礼の旅(256)〜

「早池峰山(はやちねさん)山頂にある早池峰神社奥宮に遠隔で光を降ろすと、青龍が体に入って来た。早池峰山は修験道が使う青龍のエネルギーで封印されていた。早池峰山全体に光を降ろすと、赤ちゃんを抱いた女の人の姿が感じられ、女神が封印されていると分かった。」

4/28(水)、早池峰山の解除のために、ポイントをネットで調べていると心臓がバクバクして来ました。「青龍が来たかもしれない」と感じて、伴侶に観てもらいながら、自分自身に光を降ろしました。「青龍が2頭いて昇って行った」と彼女が教えてくれました。早池峰山は青龍のエネルギーで封印されていると感じました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 18:21| 岩手県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

岩手 丹内山神社 磐神社 〜巡礼の旅(14)〜

しめ縄が巻かれた巨石から縄文の神が解放された丹内山(たんないさん)神社での封印解除と本殿裏の磐座(いわくら)から宇宙的マスターが現れた安倍氏ゆかりの磐(いわい)神社での浄化と解除

東北巡礼の旅の3日目、11月20日(水)、午前8時過ぎに私たちは盛岡の宿から早池峰山にある早池峰(はやちね)神社に車で向かいました。早池峰神社の御祭神は瀬織津姫。月の龍神でもある瀬織津姫の故郷は早池峰山だと感じていました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 00:00| 岩手県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする