2021年01月10日

福岡 英彦山に住む山伏という隠密集団の影 〜巡礼の旅(593)〜

「英彦山に山伏集落の跡が発見されたニュース記事があった。英彦山は、弥彦山、雪彦山と共に日本三大修験山の一つ。表は修行僧だが、裏は諜報活動をする工作員。隠密集団は、山を封印して闇を広げる仕事をしていたと感じる。」

前日の夜、左側の首筋と右手首に痛みが出ました。また、解除のサインだと思いました。場所的には、新潟県の弥彦山と千葉県の能忍寺だと直感しました。2箇所とも1度は光を降ろしていましたので、今回は、別の角度でのワークになると感じました。


続きを読む
posted by 地球の子 at 16:16| 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月29日

福岡 闇の渦巻きが置かれていた大宰府と多賀城 〜巡礼の旅(524)〜

「大宰府と多賀城は、ヤマト王権が支配を広げるための軍事拠点。大宰府は、九州の先住民族の熊襲を制圧するため、多賀城は、東北の蝦夷を征服するための拠点だった。大宰府と多賀城には、シリウスの術で成されたエゴの闇の渦巻きが置かれていた。」

2019年11月上旬、少し前から軽い腰痛が続いていました。1日に1回程度、椅子に座る時などに弱い痛みを覚えました。これまで、椎間板ヘルニアやぎっくり腰など、腰に関わる痛みは数多く経験して来ましたが、今回は、今までとは何か違いました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 10:55| 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

福岡 英彦山の封印解除 〜巡礼の旅(419)〜

「英彦山に光を降ろすと、雲に乗った赤の天狗の原型の闇の神が昇って行った。英彦山を封じていたのは、サルタヒコの原型となる闇のエネルギー体でもあった。英彦山が開くよう意図して光を降ろすと、大国主命に頭を下げている黒龍の姿をした光の神が解放された。」

2017年2月22日(水)、英彦山の巡礼の旅を行いました。 九州の地を開くためには、英彦山の封印解除がとても重要だと感じていました。英彦山は羽黒山(山形県)、熊野大峰山(奈良県)とともに「日本三大修験山」に数えられ、山伏の坊舎跡など往時をしのぶ史跡が残る山です。

続きを読む
posted by 地球の子 at 23:51| 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

福岡 闇の役割の水銀と渡来人・丹生氏(2) 〜巡礼の旅(410)〜

「水銀の情報収集の中で、丹生氏(にゅうし)という渡来人が水銀の実務を担っていたと分かった。鳥居の朱色や金メッキにも水銀が使われていた。丹生氏一族が奉じた丹生都比売神を祀る丹生都比売神社は、高野山の鎮守社であり、弘法大師・空海と深い関わりがあった。」

北九州へ向かう飛行機の中で姿を現した、闇の存在「テントちゃん」の居場所を突き止めるために、北九州の宿泊先で水銀について調べて行きました。水銀は常温で液体、各種の金属と混和するという独特の性質を有している故に、用途が広まったと分かって来ました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 22:23| 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

福岡 脊振山 〜巡礼の旅(326)〜

「福岡の英彦山(ひこさん)、大分の六郷満山と並び、九州の山岳仏教文化の聖地である脊振山に光を降ろすと、指揮棒を持った女神が解放された。姫島から解放された鳥を連れた女神と同様にアイテムを持った女神。全ての女神たちをまとめる役目の女神だと感じた。」

国産み神話の残る姫島(ひめしま)と周防大島(すおうおおしま)に光を降ろして、母親のような女神と連れの鳥が解放された後、小豆島や淡路島などの瀬戸内海の島々を解除して行きました。そして、一週間後の4月15日(金)、私は右目の奥に痛みを覚えました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 10:51| 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする