2018年02月08日

東京 猿楽塚 〜巡礼の旅(426)〜

「猿楽塚に光を降ろすと、沢山の御魂が昇って行った。やまとびとや東京大空襲の犠牲者の魂だと感じた。再度、光を降ろすと、太陽の闇人のボゼが光に還って行った。赤の闇を広げていた猿楽の大元の闇が統合したことは、芸能の世界に光が入ることを意味する。」

2017年6月10日(土)、渋谷巡礼の旅の中で代官山にある猿楽塚(さるがくづか)を訪れました。渋谷は伴侶が過去に住んでいた場所で、縁ある土地に光を降ろすための一環でした。渋谷の解除ポイントを調べている中で、猿楽塚が非常に気になりました。猿楽塚に光を降ろす必要があると感じました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 20:28| 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

東京 高尾山の封印解除 〜巡礼の旅(417)〜

「仏舎利塔に光を降ろすとアークの円盤が撤退した。冷気を感じた弁天穴には、赤い目の闇のエネルギー体が置かれていた。琵琶滝で光を降ろすと天狗が光に還って行った。高尾山は、青の闇に、赤の闇が上塗りされて、強固に封印された光のポイントだと分かった。」

2017年3月22日(水)、高尾山を開くために巡礼の旅を行いました。昨年から幾度となく高尾山の解除を遠隔で試みましたが、山を開くことができないでいました。3月上旬、クライアントの智恵さんのヒプノセラピーの時、3人で一緒に高尾山を訪れて解除するように伝えられたのです。

続きを読む
posted by 地球の子 at 13:24| 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

東京 闇の役割の水銀と渡来人・丹生氏(1) 〜巡礼の旅(409)〜

「水銀を含む赤チンと呼ばれるマーキュロクロム液は、現在も使用されている。地の底の石を守る精霊たちは、水銀によって苦しめられて、光を封じられて来た。水銀は人と自然を封印する根源的な闇の役割だと感じる。大元にいる闇のエネルギー体を解除する必要があった。」

2月18日(土)、翌日に北九州出張を控えた前夜、知人からメールが届きました。「今朝、夢を見て内容は余り覚えていないのですが、1953だけ。その後、沢山の人が苦しんでいる」というものでした。私は「1953年」と「人が苦しんでいること」がキーワードだと感じました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 22:09| 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

東京 タコの宇宙人の帰還(1) 〜巡礼の旅(395)〜

「電力会社にいたタコの宇宙人は、後始末のために残ると伝えて来たが、光を降ろして還って行った。赤の闇が深い医療領域のガン関連施設に光を降ろすと、タコの宇宙人が実働部隊で、プレアデスの闇がマッチポンプの裏の仕組の中核を担っていると分かった。」

これまでの闇の解除の活動とヒプノセラピーからの情報から、地球の闇の全体像が分かって来ました。最初に、純粋な闇としての「青の闇」が地球に降ろされ、その後、エゴの闇としての「赤の闇」が降ろされました。「青の闇」が後進勢力である「赤の闇」に凌駕されて行ったのです。

続きを読む
posted by 地球の子 at 10:58| 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

東京 建築領域のピラミッドの頂点にいた闇の存在 〜巡礼の旅(379)〜

「建築領域のエネルギーは闇が頂点に立つピラミッド構造だった。お世話になった会社を突破口にして、光が入らなかった建築の会社を解除できた。光を降ろすことで、雷神の姿の日本のカルマの闇と角の生えた怪獣の姿のイルミナティが頂点に立つピラミッドは崩壊した。」

2015年2月、建築領域の闇の解除のために、幾つかの会社に光を降ろして行きました。イルミナティが地球から撤退する前のことです。不動産の会社に光を降ろした時、背後にいた銭形平次親分の姿をした闇の宇宙存在のイルミナティから「建築もやってくれ」と伝えられていました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 21:08| 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする