2018年05月16日

鹿児島 与論島の解除 〜巡礼の旅(443)〜

「不眠症の原因は地上に留まった人の魂だった。与論島の光の人は、渡来人に襲撃されて抹殺された。全ては深い闇を経験して大きな光になるためだった。病気や体調不良という闇は、光に気づくための機会。分離した闇と光を一つに統合していくことが重要になる。」

8月中旬、クライアントのNさんのシャイスピリットヒーリング電話セッションを行いました。Nさんは、沖縄本島に近い鹿児島県の与論島に生まれ育ち、現在も与論島で暮らしている方でした。「最近、なかなか眠れない」と訴えて、不眠症の症状を改善したいというご要望でした。

続きを読む
posted by 地球の子 at 12:01| 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

鹿児島 悪石島 〜巡礼の旅(368)〜

「トカラ列島の悪石島に光を降ろすと、闇の役割の宇宙人・ボゼが待っていましたと伝えて来た。女神山を解除した後、再度、悪石島に光を降ろすと、小さな縄文の女神が解放された。悪石島には、光の女神を封印して光が広がらないように、闇のボゼが配置されていたと感じた。」

2016年10月1日(土)、鹿児島県の隼人、熊襲、渡来人の関連の解除を終えて、悪石島(あくせきじま)の解除に移りました。歩くのも不自由な程の右足の激しい痛みは、鹿児島県の大隅半島の部分だけではなく、離島も関係していると感じていました。離島の中で思い当たるのがトカラ列島にある悪石島でした。

続きを読む
posted by 地球の子 at 18:15| 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

鹿児島 隼人塚 〜巡礼の旅(367)〜

「隼人塚に光を降ろすと日本武尊のモデルだった熊襲の神が解放された。隼人の反乱の姫木城跡に光を降ろすと、沢山の御魂が上がって行った。隼人の人たちは、ヤマト王権の仲間割れの策略でヤマト王権側についた。裏切る形となった熊襲の人たちに許しを得て、カルマの闇は解消した。」

2016年9月30日(金)、突然、右足の親指付け根辺りに激しい痛みを覚えました。自分の体を日本列島に当てはめると、大隅半島の先端か、離島かもしれないと感じました。渡来人の御魂を光に導いた際、伴侶はネットで調べている時に「隼人(はやと)のことを目にしていた」と伝えて来ました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 23:34| 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

鹿児島 吾平富士 〜巡礼の旅(332)〜

「右膝の痛みを覚えて、鹿児島県の吾平富士に光を降ろした。吾平富士は、吾平山上稜で解放されたアマテラスの原型と思われる太陽の女神が、本来いるべき場所だった。右膝の痛みは、女神にとって大事な吾平富士の山を開くためのサインだった。」

2016年4月13日(水)、前日から右足の膝に痛みがありました。右足は鹿児島県の大隅半島を意味します。地図で調べていくと高隅山(たかくまやま)かなと感じましたが、もう一度調べて感じて行くと、吾平富士(中岳)だと分かりました。吾平富士の北側には、鹿児島巡礼の旅で解除した吾平山上稜(あいらさんりょう)がありました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 23:27| 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

鹿児島 屋久島 〜巡礼の旅(323)〜

「鹿児島と沖縄本土の間に道を通すために、島々に光を降ろして行った。屋久島の太鼓岩に光を降ろすと、宇宙との通信場所だと分かった。宮之浦岳に光を降ろすとポータルだと気づいた。後日、2つの場所は再び光を降ろすタイミングが来ると感じた。」

2016年4月4日(月)、伴侶が札幌・円山原始林を訪れると冬山の姿をした大国主命が「沖縄は楽しみにしている」と伝えられたといいます。沖縄というのは、自分の統合のために、5月末から6月初めに沖縄・石垣島を訪問する計画を立てていました。まだ、道が出来ていないと伴侶は感じたといいます。

続きを読む
posted by 地球の子 at 12:55| 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする