2021年01月10日

福岡 英彦山に住む山伏という隠密集団の影 〜巡礼の旅(593)〜

「英彦山に山伏集落の跡が発見されたニュース記事があった。英彦山は、弥彦山、雪彦山と共に日本三大修験山の一つ。表は修行僧だが、裏は諜報活動をする工作員。隠密集団は、山を封印して闇を広げる仕事をしていたと感じる。」

前日の夜、左側の首筋と右手首に痛みが出ました。また、解除のサインだと思いました。場所的には、新潟県の弥彦山と千葉県の能忍寺だと直感しました。2箇所とも1度は光を降ろしていましたので、今回は、別の角度でのワークになると感じました。


続きを読む
posted by 地球の子 at 16:16| 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月04日

エゴの闇の崩壊と人の淘汰が同時並行的に起きる地球の変化

「トカゲが光に統合する段階に来ている。エゴの闇の崩壊と人間の淘汰が同時並行的に起こる地球の大きな変化であり、地球が闇から光へ移行する時に来ている。エネルギーの世界で隠されたエゴの闇の仕組と現実世界の支配のシステムが崩壊する。エゴを削ぎ落して、純粋な自分に変わることが重要になる。」

新年あけましておめでとうございます。昨年は、本ブログを読んでくださり、ありがとうございました。今年も、エネルギーワークを中心にして情報発信していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。読者の皆様にとっても、私個人にとっても、2001年がより良き一年となりますようお祈りしております。

続きを読む
posted by 地球の子 at 22:18| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月28日

兵庫 金のエネルギーを利用してエゴの闇を広げた密偵としての丹波弥十郎 〜巡礼の旅(592)〜

「丹波篠山の弥十郎ヶ嶽は、山窩としての丹波弥十郎に由来すると感じる。黄金を利用して人間のエゴを増幅し、山などの自然の光を封印する役割。自分の正体を隠して、金儲けを目的として、同和の闇を広げる役割の集団だったと考えられる。」

丹波弥十郎についてネットで調べると情報はなく、「弥十郎ヶ嶽(やじゅうろうがたけ)」に行き着きました。弥十郎ヶ嶽は、兵庫県丹波篠山市にある標高715.1mの山です。ウィキペディアには、山の名前の由来について「山腹にある洞穴に住んでいたという山窩(さんか)にちなむという説がある」と書かれていました。


続きを読む
posted by 地球の子 at 20:33| 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月22日

岩手 隠れキリシタンが金の採掘に使われていた佐比内金山 〜巡礼の旅(591)〜

「佐比内金山には、京都の山師でキリシタンの丹波弥十郎が連れて来た隠れキリシタンが金の採掘者として使われていた。佐渡金山や北海道道南の大千軒岳の金山でも同じだった。純粋な闇がエゴの闇に封じられて来たことが暗示される。」

岩手県の宮沢賢治に関係するエネルギーワークを行っていましたが、何か物足りない引っかかる感じがしていました。ネットで「金山」をワードにして岩手県を調べて行きました。過去のワークで、東北地方には「金山」があり、エゴの闇の要因の1つだと分かっていました。


続きを読む
posted by 地球の子 at 21:32| 岩手県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月16日

中国 共産主義というやらせプロレスの虚構の構図 〜巡礼の旅(590)〜

「中国共産党は、マーリンによって拝金主義という同和の闇となった。中国国旗の赤と黄はエゴの闇を隠す意味がある。日本共産党も同和の闇の流れであり、金のために働いていると感じる。やらせプロレスという虚構の図式である日本の政党政治の一役を担っている。」

中国共産党を同和の闇に誘導したオランダ人・マーリンの名前が気になりました。12世紀の「ブリタニア列王史」に登場する魔術師・マーリンと同じ名前だからです。魔術師・マーリンは、グレートブリテン島の未来についての予言を行っていました。


続きを読む
posted by 地球の子 at 13:27| 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月11日

オランダ 中国共産党の誕生に深く関与した同和の闇の役割・マーリン 〜巡礼の旅(589)〜

「自由主義に対抗する共産主義はシリウスの闇によって降ろされた。中国共産党は、ソ連の初代指導者レーニンが創設したコミンテルンの代表・マーリンによって設立・組織化された。マーリンは、純粋な闇としての共産主義をエゴの闇に変える役割をしていた。」

過去のワークで、維新三傑の1人である木戸孝允の「プロレス、八百長を終わらせる」という言葉が印象に残っていました。日本の政治の嘘で固めた暗闇を表現していると感じます。戦後日本の政治体制の本質についてヒントを得たいと思いました。


続きを読む
posted by 地球の子 at 14:04| オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月06日

愛媛 村上水軍など反社の原型となる闇を引継いだ日本の4大軍港 〜巡礼の旅(588)〜

「4大軍港(横須賀、舞鶴、呉、佐世保)には昔からの水軍が存在していた。水軍は海賊であり、現在の反社の原型と言える。呉を拠点にしていた村上水軍の出自は、信濃国、諏訪神党に繋がり、大きな闇の役割をしていたと分かる。」

長崎のワークの際、佐世保市の歴史を調べていると佐世保が日本の4大軍港の1つと知りました。軍港とは、軍事目的に利用される特別の港です。艦隊および軍艦の根拠地として軍隊のなかでも重要な地位を占めます。


続きを読む
posted by 地球の子 at 11:52| 愛媛県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする