2017年07月05日

栃木 アヌンナキ(1) 〜巡礼の旅(387)〜

「加蘇山神社・奥之院のある石裂山の洞窟に光を降ろすと、闇が生まれる岩があり、対立と争いを誘導する闇の宇宙存在・アヌンナキが関係していると感じた。加蘇山神社の情報を提供したクライアントの方に光を降ろすと、背後の2人を含めアヌンナキが光に還った。」

地球を暗闇にするための役割を担っていた宇宙存在の一つがアヌンナキです。シュメールの地に降りて闇の都市をつくり、渡来人を通じて日本を封印した闇の宇宙存在です。アヌンナキは、実動部隊の渡来人たちの総元締めである藤原不比等と繋がって動かしていたのです。

続きを読む
posted by 地球の子 at 22:23| 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

奈良 宇宙存在を封じていた宗教に基づくエゴの闇のエネルギー体 〜巡礼の旅(386)〜

「宗教団体に光を降ろすと着物姿の闇のエネルギー体が現れた。傲慢なエゴの闇。4日間光を降ろして闇を解除すると、中から闇の宇宙存在が出て来た。人間のエゴが作り出した闇のエネルギー体が闇の宇宙存在を封印していた。宗教という闇の役割は終わりを迎えている。」

2015年1月末、宗教団体の闇の解除を行いました。宗教は人々が暗闇の経験をするために必要だったことは分かっていました。闇の時代から光の時代に移行する時、宗教の役割も終わります。宗教団体に光を降ろして背後の闇の存在を解除し、光に還す必要がありました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 13:37| 奈良県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

神奈川 所有の概念を降ろした闇の宇宙存在 〜巡礼の旅(385)〜

「オバQの姿の闇の宇宙存在は、稲荷神の大元であり、所有の概念を持ち込んだ。縄文時代は稲作によって深い闇になった。所有の概念によって対立が生まれ、戦争が起きる。光の時代の到来に向けて、人々は自分のモノにするという囲う行動のエゴを手放す時に来ている。」

1月末、所有の概念を降ろした闇の宇宙存在と対峙する機会がありました。闇の宇宙存在は、漫画「オバケのQ太郎」のような白い姿をして、目が光っている存在でした。熊本県の弊立神宮の解除の時、光に還った稲荷神の大元の闇の宇宙存在のボスだったのです。

続きを読む
posted by 地球の子 at 19:15| 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

神奈川 携帯に繋がる闇の存在 〜巡礼の旅(384)〜

「携帯ショップの帰りに激しい頭痛を覚え、光を降ろすとエゴの闇のエネルギー体が現れた。対峙すると話が通じなく、虹の龍神によって光に強制送還された。携帯の大元の会社に光を降ろすと地球全体を覆う闇のグリッドが作られていて、闇のグリッドがバラバラになった。」

2015年7月、携帯が故障したので携帯ショップに足を運びました。煩雑で分かり難い仕組になっている携帯ショップは余り行きたくない場所でした。30分以上待って、ようやく係員の人と話す番が回って来ました。事情を話して、新しい携帯機種に変更する手続きを始めました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 15:36| 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

米国 マチュピチュと白色同胞団(4) 〜巡礼の旅(383)〜

「マチュ・ピチュの封印が解かれて、白色同胞団が使っていた闇の飴が効力が失われた。闇のコントロール下にあった人間や組織が解放され、日本を封印する米国の役目は終わった。地球は闇から光へシフトする。地球全体に光が広がり、日本が光輝く時が来ている。」

翌日、拾い出した幾つかの企業の解除を行っていきました。最初に、航空宇宙関連会社に光を降ろしました。「ここは可能性があるかもしれない。でも、闇の飴を飲まされている」と伴侶が伝えて来ました。次に、農業関連会社に光を降ろした後、多国籍企業に光を降ろしました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 00:30| 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

米国 マチュピチュと白色同胞団(3) 〜巡礼の旅(382)〜

「フリーメイソンの背後の闇の宇宙存在・白色同胞団が初めて姿を現した。英国が本拠地のフリーメイソンは米国に移って、思った以上に大きくなり、白色同胞団が背後についた。インディアン戦争や南北戦争など多くの犠牲者を出して、闇が深くなったことが一因だと感じた。」

伴侶の縁ある日本の会社と代表者に、再度、光を降ろしました。「光が入った。フリーメイソン。白服を着た罪人のような姿の白色同胞団(ホワイトブラザーフット)。日本ロッジの大きな闇の背後」と伴侶が伝えて来ました。フリーメイソンの背後の闇が初めて姿を現したのです。

続きを読む
posted by 地球の子 at 22:05| 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

米国 マチュピチュと白色同胞団(2) 〜巡礼の旅(381)〜

「米国の闇は、イルミナティのように主要ポストに闇の宇宙存在を一人ひとりを配置するのではなく、宇宙の大物の闇が一人で闇の飴を使って人を闇に落としてコントロールする。闇の飴は黒い鉛のようなエネルギー。飲んだら次に飲ませて、数珠つなぎになる仕組。」

翌日、米国の闇の大元と感じられる所に光を降ろしました。まず、思い当たる所が財閥でした。財閥と代表者を意図して光を降ろしました。「光は入らない」と伴侶が伝えて来ました。「ジャミラや小者の宇宙の闇たちにスポットライトが当たるビジョンが出て来た」と言いました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 00:07| 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする