2016年12月24日

石垣島 御神崎 〜巡礼の旅(346)〜

「御神崎の慰霊碑の前で光を降ろすと、何千、何万もの亡くなった人たちの魂が昇天して行った。川平湾の島に赤い目の過去世の闇の自分がいた。私はお前だ、お前は私だと伝えられた。対峙して光を降ろすと闇は光に統合され、岬の海に封印されていた黒龍が解放された。」

川平湾での解除を終えて、私たちは御神崎(おがんざき)に移動しました。御神崎は石垣島・屋良部半島の西海岸にある岬で、夕日のスポットとしても有名です。航行する船舶の目印となる白い灯台があります。車の後ろについて来た魂たちをこの岬で天にあげようと思っていました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 16:10| 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

石垣島 川平湾 〜巡礼の旅(345)〜

「玉取崎展望台から野底マーペーに光を降ろすと、レムリアの女神が解放された。川平湾には闇の岩があるのに気づき、過去世の自分が封じた思いが湧いてきた。川平湾一帯に光を降ろすと、統合というメッセージが伝えられ、地面が揺れて全体が金色になった。」

伊原間サビチ鍾乳洞の解除を終えて、玉取崎展望台に移動しました。玉取崎展望台は石垣島の北東沿岸にあり、展望台から北に伸びる平久保半島の景色を眺めることができます。駐車場に車を停めて展望台に登って行こうとしましたが、目の前の大きな岩山が気になりました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 11:30| 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

石垣島 平久保崎 〜巡礼の旅(344)〜

「石垣島訪問は過去世の闇の自分を統合するためだった。レムリア大陸は光を広げることができずに海に沈んだ。ヒプノセラピーで自分が観たビジョンと宇宙連合からのメッセージからレムリアの過去世で、自分は闇の仕事をしていたと分かっていた。」

5月31日(火)から3日間、石垣島を訪れました。2011年9月以来、石垣島は2度目の訪問でした。前回は、ヒプノセラピーの中で、「石垣島はカルマの解消のためだ」と宇宙連合から伝えられました。今回の石垣島訪問は、過去世の闇の自分を統合することが目的だと感じていました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 11:39| 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

インド シブリング山 〜巡礼の旅(343)〜

「インドのヒンズー教の闇の解除を行って行った。ヒマラヤ山脈のシブリング山に光を降ろすとポータルが開いて、並んでいる白い服の地底の人たちが現れた。シリウスの闇は、最初にヒマラヤに降りたと感じた。チベットの聖地・カイラス山に光を降ろすと、闇が光に反転して金色の光が放たれた。」

2016年6月30日(木)、インドのヒンズー教に光を降ろして闇を解除することにしました。カースト制度という分け隔ての身分制度と牛を大事にするヒンズー教が根付いているインドはとても闇が深いと感じていました。折しも、伊豆半島の解除を行っているタイミングで、インドの地の闇の解除することになったのです。

続きを読む
posted by 地球の子 at 20:37| インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

伊豆 爪木崎公園 〜巡礼の旅(342)〜

「爪木崎公園から須崎海岸に光を降ろすと闇のエネルギー体が昇天してポータルが開いた。宝福寺・唐人お吉の墓所で、お吉の御魂を上げ、脚色された美談が創られたと分かった。了仙寺にて光を降ろすと、横穴古文のポータルが開き、偽神が解除され、山に封じられていた黒龍が解放された。」

2016年6月21日(火)、石室神社を後にして、私たちは爪木崎公園に向かいました。南伊豆巡礼の旅を計画している時、御用邸のある下田の須崎が気になっていました。爪木崎公園は、静岡県下田市に位置し、伊豆半島の南東部の海に突き出た須崎半島の先端の岬の爪木崎にあります。

続きを読む
posted by 地球の子 at 17:05| 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

沖縄 与那国島 〜巡礼の旅(341)〜

「与那国島の西崎に光を降ろすとインディアンのような先住民の人たちの御魂が昇って行った。大岩が乗っている崖のティンダバナに光を降ろすとポータルが開いた。南伊豆・大瀬海岸の蓑掛岩は闇の岩だと分かり、光を降ろすと金龍が解き放たれた。石廊崎にある石室神社の岩山に光を降ろすとポータルが開放された。」

2016年6月20日(月)、日本の最西端である与那国島の遠隔での解除を行いました。5月末、石垣島の巡礼の旅を行った後、与那国島の地も解除が必要と感じていました。東崎(あがりさき)、西崎(いりざき)、立神岩、軍艦岩、久部良割(くぶらばり)、人升田(とうんぐた)、ティンダバナ、ティグチディー、海底遺跡を解除ポイントとして選びました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 14:42| 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

チベット ポタラ宮 〜巡礼の旅(340)〜

「チベットの地を解除することは修行僧としての自分の闇の前世を統合することだった。チベット仏教の聖地・カイラス山は最後に光を降ろす場所だと分かった。ポタラ宮には地底の闇と接触する場所があると感じた。チベットの闇に光を降ろすことは自分の闇の前世を光に導くことでもあった。」

大雪山のポータルを開いた翌日の6月14日(火)、遠隔でチベットの地の解除を行うことにしました。自分が前世で修行僧としてヒマラヤの山々を巡っていた記憶が薄らとありました。今世でもチベットの現地には、2011年11月11日から9日間の旅で、実際に足を運んでいました。

続きを読む
posted by 地球の子 at 15:05| チベット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする